2008年08月

掟の門

165 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 23:37:15 ID:AVW+GCy/0
掟の門前に門番が立っていた。そこへ田舎から一人の男がやって来て、入れてくれ、と言った。
今はだめだ、と門番は言った。男は思案した。今はだめだとしても、後でならいいのか、とたずねた。
「たぶんな。とにかく今はだめだ。」
と、門番は答えた。
掟の門はいつもどおり開いたままだった。門番が脇へよったので男は中を覗き込んだ。
これをみて門番は笑った。
「そんなに入りたいのなら、俺にかまわず入るがいい。
しかし言っとくが、俺はこのとおりの力持ちだ。
それでもほんの下っ端で、中に入ると部屋ごとに一人ずつ、順ぐりにすごいのがいる。
この俺にしても三番目の番人を見ただけで、すくみあがってしまうほどだ。」
こんなに厄介だとは思わなかった。掟の門は誰にも開かれているはずだと男は思った。
しかし、毛皮のマントを身につけた門番の、その大きな尖り鼻と、
ひょろひょろはえた黒くて長い蒙古髭を見ていると、おとなしく待っている方がよさそうだった。
門番が小さな腰掛けを貸してくれた。門の脇にすわっていてもいいという。
男は腰を下ろして待ち続けた。何年も待ち続けた。
その間、許しを得るためにあれこれ手を尽くした。くどくど懇願して門番にうるさがられた。
ときたまのこととだが、門番が訊いてくれた。故郷のことやほかのことをたずねてくれた。
とはいえ、お偉方がするような気のないやつで、おしまいにはいつも、まだだめだ、と言うのだった。
たずさえてきた色々な品を、男は門番に次々と贈り物にした。
そのつど門番は平然と受けとって、こう言った。
「お前の気がすむように貰っておく。何かしのこしたことがあるなどと思わないようにな。
しかし、ただそれだけのことだ」
長い歳月のあいだ、男はずっとこの門番を眺めてきた。
他の番人のことは忘れてしまった。
ひとりこの門番が掟の門の立ち入りを阻んでいると思えてならない。


166 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 23:38:31 ID:AVW+GCy/0
彼は身の不運を嘆いた。
はじめの数年は、激しく声を荒げて、のちにはぶつぶつと独り言のように呟きながら。
そのうち、子供っぽくなった。
永らく門番を見つめてきたので、毛皮の襟にとまった蚤にもすぐ気がつく。
すると蚤にまで、おねがいだ、この人の気持ちをどうにかしてくれ、などと頼んだりした。
そのうち視力が弱ってきた。
辺りが暗くなったのか、それとも目のせいなのか分からない。
いまや暗闇の中に燦然と、掟の戸口を通して煌くものが見える。
命が尽きかけていた。
死の間際に、これまでのあらゆることが、凝結して一つの問いとなった。
これまで終ぞ口にしたことの無い問いだった。
体の硬直が始っていた。
もう起き上がれない。
すっかり縮んでしまった男の上に、大男の門番が屈みこんだ。
「欲の深いやつだ。」
と、門番は言った。
「誰もが掟を求めているのに。」
と、男は言った。
「この永い年月のあいだ、どうして私のほか誰一人、中に入れてくれといってこなかったのだろう?」
命の火が消えかけていた。
薄れていく意識を呼び戻すかのように門番が怒鳴った。
「ほかの誰一人、ここには入れない。この門は、お前一人のためのものだった。
さあ、もう俺は行く。ここを閉めるぞ。」

高橋英樹の娘まーさ

363 名前: 名無しさん@恐縮です Mail: sage 投稿日: 2008/08/30(土) 15:43:26 ID: 5GUj+XuyO
高橋英樹がガラパゴス辺りで、なんかの卵拾ってきて、それが孵ったのがまーさらしい。

徹子VS青山テルマ

737 :可愛い奥様 :2008/08/25(月) 14:35:22 ID:8JwXZi8zO
徹子の部屋、徹子の玉ねぎ頭からキャンディーが!!!
青山テルマも可愛いかった。


738 :可愛い奥様 :2008/08/25(月) 14:35:53 ID:RkPKoTJ80
今日の徹子
青山テルマが気のきいた質問でしょって感じで「徹子さんの髪の中に
お菓子が入ってるって噂、本当ですかぁ?」って言ったら
「場合によるけど。今日は入ってるわよ」とお菓子をいくつか出してたw


739 :可愛い奥様 :2008/08/25(月) 14:36:55 ID:kCxO7IEu0
徹子スゲー( ゚д゚)・・・


740 :可愛い奥様 :2008/08/25(月) 14:38:17 ID:SZbBvPDW0
徹子いいよいいよ〜


741 :可愛い奥様 :2008/08/25(月) 14:38:40 ID:9gWnMq6T0
>>738
ワロタw


742 :可愛い奥様 :2008/08/25(月) 14:41:57 ID:bGEDf0GA0
徹子すげぇ、下手なお笑い芸人よりもクォリティ高い。


743 :可愛い奥様 :2008/08/25(月) 14:47:04 ID:hkzG92/S0
徹子見た。
テルマ何て質問してんだよwとか思ってたら本当に出したね。
凄いものを見た…


国際ダジャレサミット開催

424 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2008/08/30(土) 02:01:44 ID:H/ZB2yds0
日本のダジャレを愛するものが世界中から同志を集め、
国際ダジャレサミットを開催して自慢のネタを披露しあうことになった。

ジョン「じゃあ俺から。『ニューヨークで入浴』」
全員が笑った。

マリオ「次は俺が。『フランスに漂う腐乱臭』」
イタリア人が一際大きな声で笑い、フランス人が顔をしかめた。

李「『チベットで血べっとり』」
多くの人々は不快感を示したが、中国人は大いに沸いた。

リチャード「では私も。『ロシアの殺し屋、恐ろしや』」
笑うものは誰もいなかった。

ガチャピンとムックがトラウマ

503 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 18:05:39 ID:tDhGNVTe
ガチャピンとムックがトラウマ。
以前ガチャピンが大好きで、クラスのみんなが私の誕生日プレゼントにガチャピンとムックのぬいぐるみやキーホルダーを沢山くれた。嬉しくて仕方なくて、ぬいぐるみたちを抱いて寝た日に恐ろしい夢を見た。


ガチャピンとムックが無表情で私を追いかけてきた。

豪雨の中沢山走って走って、奴をまいたと思ったらガチャピンが半笑いでチャリを立ちこぎして来た。ブツブツ言ってる。怖い。いや恐怖なんてもんじゃない。

ヒッチハイクで止めた車に乗り込む寸前、チャリを飛ばして足に絡み付いてきたガチャピンを泣きながら蹴飛ばし、車内で一息付いて運転席を見るとそこにはムック。
ミラー越しにじぃっと見つめて『許さんですぞ!許さんですぞ!』と叫んでた。(無表情)

目が覚めてガチャピンとムックを散々蹴飛ばして泣きながら風呂に入ったらガチャピンの泡立て網があって流石に引き裂いた。

参ったな、ほんと、参った・・・

276 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2008/08/25(月) 22:42:14
本当は書くべきじゃないのかも知れんが、久々に堪らない思いになった。

一応、医者の端くれとして働いている。こういう生業だから、人の死に接するのは少なくない。
ちょっと前、診察に訪れた若者に余命宣告をしたばっかりだ。

俺:誠に申し上げにくいのですが・・・。
男:はい。
俺:・・・肺癌です。しかもだいぶ進んでいます。はっきり言います。1年もつかどうかです。
男:・・・ガ、
俺:?
男:ガーン・・・・・・ なんちって・・・。
俺:・・・け、結構余裕ですね・・・。
男:ええ、まあ・・・。

聞けば酒も煙草もやらないというのに、なんとも不憫な巡りあわせであった。
ただ、衝撃的な事実を告げられても、この歳でこれほど冷静なのにも驚いた。


277 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2008/08/25(月) 22:45:37
男:ああー、参ったな。
俺:・・・
男:あの、入院とか治療の開始とか、すぐ始めないといけませんかね?
俺:ええ、それはもう。すぐにでも取り掛からないと。
男:うーん。一ヶ月待って頂けないですか?
俺:何かあるのですか?
男:母親が、来月楽しみにしていた旅行があるんです。俺がこんなんだって知ったら、
   とても安心して行けないでしょうし。
俺:そうですか。ですが猶予もそうないのが現状です。
男:ですよねえ。参ったなあ。そういや、再来月は父親の誕生日なんですよ。
俺:・・・


278 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2008/08/25(月) 22:49:48
男:参ったな、ほんと、参った・・・。時間全然足りないですよ。まだ、親孝行してないんですよ。

段々と声が震えてくる。

男:両親に、いつか生でオーロラ見せてやるって約束したんですよ。このまんまじゃ、
   孝行どころか最悪の親不孝者じゃないですか・・・。

他にも、兄弟にああしてやりたかった、友人にこうしてやりたかった、職場で迷惑かける、など、自分の身の上よりも、あくまで周囲への迷惑が申し訳ないと悔やんでいた。
最後の方は泣き崩れてしまった。

こんな状況ですら、他人の事ばかり考えられるような若者が、どうして死を目前とせねばならないのだろうか。
どれだけ体験したって、決して慣れるもんじゃない。
そして、こんな若者一人救えない俺の不甲斐無さに、一緒に泣いてしまった。

「おかあさんへ」

321 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/07/07(月) 11:26:14
以前、ある地方紙で紹介されていた6歳の女の子の詩。

「おかあさんへ」
げんきになって よかったね
でもほしだから
かおは あわせられないね
わたしまた あなたのかお
みたいな

病気で亡くなった母親に宛てたものらしい。
闘病中とは違う、安らかな顔を見て「げんきになって よかったね」と書いたんだそうだ。
お知らせとか

ブックマークお願いします♪

RSS購読はこちらから!

◇管理人の独り言(1/1)
あけおめ(´・ω・`)

絵師さんのサイト
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
オススメ
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
スポンサードリンク
リンク
あわせて読みたいブログパーツ
フィードメーター - 2chコピペ保存道場
  • ライブドアブログ