2008年11月

小さな縁

362 :名無し職人 :2006/12/05(火) 21:16:34
人の縁というのは不思議なものだな。
縁で人生が180度変わる事もあるからな。あの人に出会わなかったら
今の自分はなかったとかな。
逆もまた然りで、出会いが不幸をもたらす事もある。
今日俺はささやかな出会いが会った。
会社から家路につく道すがら、道端にダンボール箱を見かけた。
何かな?っとその箱を覗いて見たところ、一匹の子犬が入っていた。
子犬の側には「名前はラッキーといいます。どうか大切に育ててください」と
書いてあった。
どうやら捨て犬らしい。
12月に入り、一段と寒くなったこの時期に子犬を捨てるという神経に、俺は怒りが湧き上がった。
かわいそうに子犬はプルプルと震え、寒さもあるだろうし、不安でいっぱいに違いない。
俺は子犬を抱き上げた。子犬は俺の鼻をぺロって舐めた。暖かいぬくもりだった。
子犬はまさしく生きているんだ。いや、生きようとしているんだ!
まったく人間という奴はなんて身勝手なんだ。俺は声を大にして言いたい!
ふっざけやがってぇ〜〜!
しかし今日俺はこの子犬に出会ったのも何かの縁かもしれないな。
ラッキーか・・・いい名だ。今日この出会いは二人にとってラッキーだったのかもしれないな。
俺はその子犬をダンボールに戻して、寒いから急いで家に帰った。

良い父親

190 名前:名無しの心子知らず 投稿日:02/11/18 21:13 ID:TJDytte7

良い父親とは何でしょうか。

休みの日には遊びに連れて行ってくれる父親でしょうか。
優しい父親でしょうか。
よく話を聞いてくれる父親でしょうか。

私は父に誉められた記憶は多くありません。
「よし」と一言言ってもらうのが最高の報酬でした。
一緒に遊んだ記憶も多くはありません。
父はいつも大きく、無口で、岩のようでした。

父が若くして死んだとき、私は初めて、父の偉大さを知りました。

駆けつけてくれた人の数。
泣きながら棺を叩き、俺より先に死ぬとは何事か、と怒鳴った人。
まだ恩を返していないのに、と泣き崩れた人。
通夜の後、棺の上にコップを置いて、いつものように父に話し掛け、酒を酌み交わす父の友人達。
8回忌を迎えた日、呼んだわけでもないのに集まってきた多くの人達。


191 名前:名無しの心子知らず 投稿日:02/11/18 21:14 ID:TJDytte7

父は骨髄癌の激痛の中、死のわずか10分前に私を呼んで言いました。

母を守れ。弟を守れ。妹を守れ。祖父を守れ。祖母を守れ。
男は、誰かを守って死 ね。俺のような死に方はするな。
俺が死んでも泣かなくていい。
人が死ぬとはどういうことか、よく見ておけ。

そして母に、かすれる声で言いました。

皆によろしく伝えてくれ。悪いな、俺はここまでだ。

最後の言葉でした。

主治医の先生が心臓マッサージをしてくれましたが、蘇生はしませんでした。
最後は母が、先生を止めました。
主人を楽にしてやってください、と。
私はただ圧倒され、何も言えず、何も出来ず、涙を流すだけでした。

私は今月、父親になりました。

強さと優しさ

643 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2001/07/17(火) 03:39

 家族でお出かけ中、4つ違いの妹(当時小学生)がビタン!と転倒、泣き叫ぶ
妹を親父は抱き起こし、泣きやむまでおぶって歩いた。
 厳しい親父だったし、俺はそんな事してもらった事はなかった。小坊だった俺
はその場では文句も言えず、後で母親に「ずるい…」とか拗ねてみせた覚えがある。
 それから十余年、俺が一九の時に親父が胃ガンになった。
告知はしていなかったが親父は自分の病状に気づいている様子。
見舞いに行ったある日、親父は俺に こう言った。
 「10歳の時、○子(妹)が転んだ事、覚えてるか?」
 「うん」
 「母さんから聞いた。悪かったと思ってる。でもな」
 「今更何だよ」
 「○子は優しく育って欲しいから助けた。おまえは強く育って欲しいから
  放っておいたんだよ」
 「・・・・」
泣いちゃいけないと思いながら、泣けて仕方なかったよ。

頑張るのは恥ずかしくない

867 名前:名無しの心子知らず 投稿日:02/09/04 21:59 ID:IY7GSXiz

我が家は4歳と2歳の男の子ふたり。
弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。
今日の夕方、兄弟で社宅の公園で遊んでいたら、小学生くらいの子が
「お前の弟、○○園に行ってんだろ。あそこはバカが行くようちえんだっ
 てママが言ってた。超恥ずかしいのー」とからかった。

私は一瞬頭の中が真っ白になったけど、上の子は涼しい顔で、
「はずかしいっていうのはね、小さい子をいじめたり、
ごはんをそまつにしたりうそをついたりすることなの。  
○○園でがんばるのは、はずかしくないの」と返した。

ゴメン。母は泣きそうになった。
ずっと仲良し兄弟でいてね。

赤のクレヨン

676 名前:東雲 ◆708283E2H2 [age] 投稿日:03/08/06 22:17 ID:???

;^^ どきっ☆>>675

その通り。
この前娘が保育園から泣きながら帰ってきたんだ。
男の子の友達に真っ赤なクレヨン捨てられたって。
僕はこう言ったの。
;^^ 「赤なんてなくても他の色で描けるでしょ?泣かないの!」
そしたら娘がこう言ったんだ。
「ままのおくち、あかくてきれいだもん…なきゃ描けないもん!」
って泣きじゃくりながら、、。
まだちっちゃいガキなんだけど、母親の顔は忘れてないんだなって思ったよ。
男の子は娘に母親がいないこと知ってて女の子色の赤を隠したみたい。

次の父親参観のときね僕、ほおに真っ赤な口紅で●描いていったんだ、
ちぃちゃんのパパはほっぺが真っ赤だから、赤返してねって、ちぃの友達にね。

そしたらその友達が自分の赤くれよんポキッて折って半分渡してくれたの。
「ちぃちゃんいぢわるしてゴメンね」って。

いまではその参観日に描いてもらった似顔絵が、一番の宝物です、、。

;^^ つまらない話してゴメンね<ALL

3歳の娘の勇気

485 名前:natsu ◆OkhT76nerU 投稿日:03/07/24 21:53 QKGY5ELN

書いてたらもうひとつ書きたくなったのでもうちょっと付き合って下さい。

やつには3歳になる一人娘がいました。仕事の関係で単身赴任中での事故で余り
子供とも会っていないようでした。
遠くから駆けつけた奥さんは自分も気が動転しながらも
「今 パパは寝てるだけだからねえ」と感情を抑えて教えていました。
「だから○○ちゃん、しずかにしててね」と・・・・・
とってもかわいい子で葬式の間中もいろいろ面倒見てあげてました。
ある時、2人きりになった時、おやつの話をしていた筈が小さい声で
「パパ 死んじゃったの?」
心臓が止まるかと思った・・・・・
続きます


486 名前:natsu ◆OkhT76nerU 投稿日:03/07/24 22:04 QKGY5ELN

馬鹿だから俺
「どうなんだろうねえ」
「ママは寝てるって行ってたからねてるんじゃないかな」って・・
今も後悔してる あの子は勇気を出して聞いたのに・・
情けない。でも、保育園のあの子はわかってた。二人だけの内緒
その後もお母さんが話してることをうんうん聞いて時折笑ってた。
でも、出棺の時 最後に蓋を閉じる時に堰を切ったように大泣き。
我慢してたんだろうな 泣くだけ泣かしてやりたいと思った
俺も泣いた

手の温もり

967 :大人の名無しさん :03/02/13 11:18 ID:UoByDRy+

私が生まれてすぐ両親は離婚し、母の実家で祖父母、
母と暮らしていた。母は私を育てるため、毎日毎日
遅くまで残業していて、朝しか顔を合わせない日もたくさん
あった。休日は母は疲れて遅くまで寝ていて、どこかへ
連れて行ってもらった記憶もほとんどなかった。

父兄同伴の遠足や運動会も、友達みんながお母さんと
嬉しそうに手をつないでいるのを見てやりきれない気持ちに
なった。

私は手のかからない子供だったと思う。自分の感情を抑えて
「会社休んで参観日に来て。」
なんて無茶を言ったことなんかなかった。一人遊びも上手
だった。すべてに遠慮して幼い頃から敬語を使う子供だった。


968 :大人の名無しさん :03/02/13 11:19 ID:UoByDRy+

小学校3年くらいのことだった。遠足に行った後、作文を書く
ように言われた。「五感」をテーマに書けと言われたんだと
思う。先生は、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚を説明して
くれた。私はその中で触覚というものをテーマに選んだ。

遠足で山道を歩き学校までの道、皆2列になって手をつないで
歩くわけだが、私は列の一番後ろを歩いていた。
生徒の数が奇数だったため、私は一人で歩いていたのだが
その時、先生が来て、私と手をつないで歩いてくれた。
いつも先生が手をつなぐのはもっと手のかかる子ばかりで
私はいつも羨ましいと思っていたのだと思う。
なんだかすごくドキドキして嬉しくて、涙で前がよく見えない
まま学校に着いた。

作文には遠足の帰り道の先生の手が暖かかった、と書いたと
思う。私の作文を読みながら先生が
「手くらい、いつでもつないであげるのに。」
と震える声で言って、私の手をもう一度つないでくれた。
友達たちは私の作文に何が書いてあったか気になるみたいで
私に聞いてきたが、振り切ってトイレに走って行ってまた
泣いてしまった。
お知らせとか

ブックマークお願いします♪

RSS購読はこちらから!

◇管理人の独り言(1/1)
あけおめ(´・ω・`)

絵師さんのサイト
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
オススメ
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
スポンサードリンク
リンク
あわせて読みたいブログパーツ
フィードメーター - 2chコピペ保存道場
  • ライブドアブログ