236 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/17(月) 21:53:02 ID:VFa76zBA
寝る前、暇なので仰向けになりながら
まくらもとの携帯電話を宇宙船に見立てて
しゅぃぃぃぃんと、片手で宙に浮かせた状態でとばす。
布団の上を地表に見立て、
水辺飛行をとめ、ゆっくりと垂直に降りてくる。
「地表調査なしの着陸は危険です!」
「小型船は、使えるか?」
「使えますが、数十分間の飛行が限界ですね・・・」
「数十分か・・・ぎりぎりだな」
とか、台詞を言いながら、
SDカードを小型船にみたてて、携帯電話(母船)から
ゆっくりと離脱して地表の調査を行う。

布団の上ぎりぎりを飛行しながら、
「酷いありさまだな・・・」
「きっと、戦争か何かがあったんだろう」
「我々と同じ人間かもしれないな」
とか言いながら、右手に携帯電話(母船)、左手にSDカード(小型船)。
「こちら調査隊、どうやら、着陸できそうだが、
エネルギーが落ちてきた。これより帰還する。」

ふたたび携帯電話のスロットに慎重にSDカードをスロットイン。
差し込む瞬間 口で
ぷっしゅぅぅぅぅうううう。しゅぃぃぃぃん。
とか言う。

そしてそんなことやってる間に眠くなって、毎日快眠。