808 水先案名無い人 2008/09/19(金) 18:55:46 ID:YZ9ckD5j0
ある男がゴージャスな美女を伴って高級宝石店に現れた。
男はショーケースの中のネックレスを指さして店員に尋ねた。
「このネックレスはいくらだい?」
「はい、この商品はダイヤモンドをふんだんに使っておりますので、
 お値段は8万ドルになります」
値段を聞いて驚く美女を尻目に、男は言った。
「じゃあ、そいつをもらおうか。代金はこの小切手で頼む」
男が額面8万ドルを書き込んだ小切手を手渡すと、店員はうやうやしく受け取りながら言った。
「ありがとうございます。ただ、大変申し上げにくいのですが、
 本日は土曜日でございまして…」
「わかってる。商品は月曜日、あんたが銀行で小切手を現金に替えてからでかまわないよ」
そう言い残すと、男は美女と共に店から出て行った。
週があけ、男が昼頃に再び宝石店を訪れると、店員は怒りに満ちた声で言った。
「おいあんた!銀行へ行ったが、あんたの口座には1ドルも入ってなかったぞ!
 この嘘つきめ!今さら何しに現れたんだ!」
すると男はニヤリと笑っていった。
「最高の週末を過ごせたお礼を言いにさ」