418 名前:黒くじら ◆RNRgTXJYRg [sage] 投稿日:2006/08/25(金) 21:32:07 ID:???
私はチーズが好きでよく食べる。焼酎でもワインでもビールやウォツカにも合うと思っている。
チーズの種類にはこだわらないのだが、手軽さから「切れてる」チーズを選ぶことが多い。
これは味も馬鹿に出来ないが、なにより「切れてる」ことが一大特徴なのはいうまでもない。
この「切れてる」ことは素晴らしいことで、当然「切れてる」のだから改めて切る必要がないし、
さらにいえばナイフを準備し、洗う必要すらないということだ。
これはコロンブスの卵的発想の転換とでもいうべきもので、これにより
「さぁこれからチーズで一杯やるぞ!」という酒飲みの面倒を過去のものにした功績は、讃えられて然るべきなのである。
「切れてる」チーズの出現前には「切れていない」チーズしかなかったのであるから、いかに素晴らしいことかは自明の理と言えよう。

さて、ここからが本題なのだが、私は今日、料理に使うためにバターを購入した。
普通のバターと「切れてる」バターが売り場には陳列されており、当然私は前述の理由から「切れてる」バターを選んだ。多少値段は違ったが、何せ「切れてる」のだから。

だが、悲劇はその日、家に着いてからおこったのだ。


パッケージを開け、包装紙?を開いた私は愕然とした。「切れていない」のだ。
「切れてる」と名乗っていながら実際には「切れていない」という見事なまでの自己矛盾ぶり。
これは「私はウソツキです」と言っているに等しい。羊頭を掲げて狗肉を売るというやつか?
いや、正確には切れようとしている程度で、まるで偉そうに「ここで切れよ」とでも言わんばかりの有様である。
これは到底「切れてる」などと喧伝できるものではない。
「切れ目入り」とか「切りやすいかもよ?」ならとにかくだ。

結局バターナイフで切ることにしたのだが、こんな屈辱を味わう目になるとは‥‥
「切れてる」バターを自らの手で切るなんて‥‥
カノッサでのハインリヒ4世ですらここまでの屈辱は味わっていないのではないか。
勝ち負けでいえば完全な負けであり、完膚なきまでに叩きのめされたに等しい。
私はメーカーに対して反省と謝罪(ry

と、ここまで書いてきて思い出したので忠告するが、
シックプロテクター3Dは切れるから注意してくれ。