166 名前:解説ちゃん[supersage] 投稿日:2006/09/29(金) 01:30:57 ID::shinobu
【カフェオレとカフェラテの違い】
<最大のポイント>
あまり真剣に違いを考えても、店によって定義が異なり
オリジナルのそれっぽいものが出てきたりするから、この質問に意味はあるか疑問
<名前>
カフェオレ・・・フランス語、カフェラテ・・・イタリア語
ただし、それぞれご当地ではそうは呼ばない。造語
特にイタリアのコーヒーショップに行ってもカフェラテは置いてない
<コーヒー>
カフェオレのコーヒーは普通のコーヒー(ドリップ方式)
カフェラテのコーヒーはエスプレッソ
<ミルク>
カフェオレはコーヒー:ミルクが1:1
普通は沸かしたミルク
カフェラテはコーヒー:ミルクが1:4〜1:8
普通はスチームドミルク(蒸気で温めたミルク)、そんな道具なければ普通のミルク
スチームミルクは自動的にあわ立ってしまうのだが、そのあわ部分を「フォームドミルク」という
ここだけを使ったのがカプチーノ

【カプチーノ】
エスプレッソ+フォームドミルクまたは普通のミルク。
シナモンやレモンを使うのはアメリカ人の考えた新しいやり方で、イタリア式ではない。
イタリアにおいては「朝ごはん」の一部であって、昼以降や夜には飲まない。
ミルクはぬるめに作る(イタリアでは熱い飲み物は人気がないのと、あわを消さないため)。
食後は普通のエスプレッソを飲む。

【マキアート】
エスプレッソに、少量のフォームドミルクまたは普通のミルク。
カプチーノと違ってミルクが少ないのがポイントだが、店によっては1:1くらいで出てくる。

167 名前:解説ちゃん[sage] 投稿日:2006/09/29(金) 01:53:42 ID::shinobu
【エスプレッソ】
エスプレッソマシンという機械で、それ専用の豆に、高い圧力(9気圧)をかけて抽出したコーヒー。
イタリアではコーヒーといえばエスプレッソである。
少ない量で非常に濃い味とコクになるが、カフェインは普通のコーヒーよりもずっと少ない。
デミタスカップと呼ばれる小さなカップで飲む。

【アメリカン】
それ専用に、焙煎(豆を火であぶること)を浅くして薄味になるようにした
コーヒー豆でつくったコーヒーのこと。
ただし、日本では、普通のコーヒーをお湯で薄めただけのものも多い。
庶民にコーヒー文化が浸透していなかった時代に薄味のコーヒーが受けたのか、
一瞬で消えてしまう味や香りを楽しむ姿勢がわび・サビを重んじる茶道の精神に近かったからか、
日本のある世代には根強い人気がある。
現代のアメリカでは流行っていないらしい。