18 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/10/27(土) 21:58:57 ID:mbfyc+6t
我々は一つ歳を取った。これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!
10代に比べ我が三十路の肌力は30分の1以下である。
にも関わらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か!諸君!
我が三十路のスキンケアが正しいからだ!
一握りのヤマンバギャルが日本中で膨れ上がった女子高生ブームを支配して5余年、
何度ババァとなじられたかを思い起こすがいい。
鈴木その子の掲げる、美白美肌のための戦いを、神が見捨てる訳は無い。
スベスベ肌、諸君らが愛してくれた玉の肌にシミ皺が出来た、何故だ!
戦いはやや落着いた。諸君らはこの戦争を対岸の火と見過ごしているのではないのか?
しかし、それは重大な過ちである。
女子高生はすっぴんで勝負できる肌を汚して生き残ろうとしている。
我々はその愚かしさを10代の小娘に教えねばならんのだ。
シミ皺は、諸君らの甘い考えを目覚めさせるために、出来た!戦いはこれからである。
我々のスキンケアはますます復興しつつある。女子高生とてこのままではあるまい。
彼女らの柔肌もモチ肌も、小娘の無思慮な夜遊びの前に死んでいったのだ。
この悲しみも怒りも忘れてはならない!それをシミ皺を以って我々に示してくれたのだ!
我々は今、この怒りを揃集し、女子高生に叩きつけて初めて真の勝利を得ることが出来る。
この勝利こそ、お肌の曲がり角への最大の慰めとなる。
三十路よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ三十路!
三十路は保湿の力を欲しているのだ。
ジーク・保湿!!