964 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2009/10/28(水) 10:25:41 ID:hPMg7ujA
火力発電所運転員の思いで話

当時勤めていた電力会社は共同火力でした。
某電力会社と某製鉄会社との共同出資で作られた会社で、その目的は
製鉄所の高炉で燃やすコークスの燃焼排ガスを再利用し、発電の燃料にするのです。
ガスの名称はBガス。普通の家庭では利用できないカロリーが1立方メーター当たり
550kcal から700kcalくらいで低い物でした。(←ここ注意)
家庭用のプロパンガスは4000kcal以上あるでしょう。


普通の火力発電所でしたら電気の貯蔵は出来ませんので、毎日の時間や、季節にて
発電機の稼働は変化します。午前8時から増えて行き、12時―13時は低下し、夏場の
午後2時―3時は最大出力となり、午後11時くらいには、停止する発電所もあります。
私の勤務の所では送られて来るBガスを燃やす義務がありますので、そんなに頻繁に
出力の変動はありません。送られて来るガスの量にて深夜でも出力が変動するくらいです。


965 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2009/10/28(水) 10:26:55 ID:hPMg7ujA
時々事件が起きます。
突如高炉の内部で燃焼の変動があり、ガスのカロリーが急増するのです。
瞬間に倍の1700kcalになります。するとボイラーの圧力が1.2倍以上になり
安全弁が開くのです。もちろん防音装置も法定で付いていますが、その轟音たるや
皆さん、蒸気機関車の警笛を聞かれた事がありますか?? その100台分くらいです。
火力発電では小さなところですが、その圧力は120kあります。
殆んど蒸気爆発状態です。ブワーン ブオー、ブシュー 見た目も蒸気が派手に出ます。

すると、ご近所から苦情の電話が来ます。
「こんな深夜になにやっているんだ、うるさいじゃないか!!」
電話での対応はその時の運転係の最高責任者の係長の仕事です。
ボイラーはその内部圧力を感知して、注入される燃料量を自動調節しますが、そんな高カロリーガスの対応なんか、直ぐには出来ないのです。
運転員は精いっぱいの対応をしているのです。
終わり。


966 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/28(水) 11:41:54 ID:DPk6rnfv
火発の人面白い話サンクス
近くに住民がいるような所にも建設されるんですね
工業地帯・山奥・海辺に建ってるイメージです


967 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/28(水) 11:56:25 ID:pl7kza5i
蒸気機関車100台分と言うからには半径数十キロに響き渡るんだろう、
夜中なら特に。
あんまり人里離れた所に作っても、送電の効率が落ちるだろうし、
その辺の兼ね合いが難しそうだね。

ところで俺だったらそんな音が聞こえたら、クレームと言うより心配で
問い合わせの電話をする気がするんだが、苦情ということは結構頻繁に
あって住民も慣れっこになってるんだろうか。頻度を知りたい。


968 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/28(水) 12:05:07 ID:cXUnvP9s
実家のあたりが発電所銀座とか原発銀座とか呼ばれてる
原発は多少離れてるが火力はそういえば近いね


972 名前:964[] 投稿日:2009/10/28(水) 16:47:40 ID:hPMg7ujA

>>967
その音量の例えを他の事象で言うならば、自衛隊の儀礼での110mm野砲の空砲
くらいです。2k離れた寮まではハッキリ聞こえました。
戦禍の響きは相当に、遠くまで響くようですから、どのくらいでしょう?
その安全弁動作は年に1,2度くらいでした。

どこの火力に原子力発電所でも、蒸気ボイラーがある所で事故で
発電機が停止したら、同時に燃料も遮断され炎も消えますが、
それまでの、熱量がボイラーや水管内に残っています。
その蒸気のエネルギーが行き所が無くなり
安全弁は動作します。
又、発電所は直ぐに停止する構造になっているのです。
それは機器の損傷で数十から数百億円の損害が出るので
少しの異常をセンサーが感知して
インターロックで全部の機器が、同時に停止するのです。

よく、何処かの原子力発電所が何らかの原因で停止したと
報道がありますが、それ正常だからチャンと停止したのです。
発電機とタービンの軸のぶれ、電気系統の地絡、落雷、
軸の潤滑油の圧力低下、軸回転異常上昇もう停止する要因は沢山あります。
人為的ミスもありますし・・・


977 名前:964[] 投稿日:2009/10/28(水) 20:22:33 ID:hPMg7ujA
大事故発生
当時、その小さな電力会社は労働災害無事故130万時間を
誇っていました。会社の入り口には大きく来客に見えるように
表示してありました。

つまり140人の社員が月200時間、1年間(12ヶ月)働くと=336、000時間
1300,000÷336,000=3.86年 約4年間も全社員が仕事中に怪我した労災の申請者は居ない。
我社は安全労働の模範のような環境なのです。…と誇っていたのです。

裏の話です。
会社敷地内を取水口点検の為にバイクに乗っていた運転員と、定期検査に
来ていた業者のトラックと接触、引きずられて、尻に大きなアザができていた。
その彼に総務課長が手土産持参で、「出社してくれ」と依頼してきた。
全治1週間ですよ。しかたないと出勤したそうです。(金銭の保障は無)


978 名前:964[] 投稿日:2009/10/28(水) 20:23:38 ID:hPMg7ujA
その連続無事故は、とうとう女子事務員さんが入院して、オシャカとなってしまった。
原因は、当時では唯一のコピー方法でした、青焼コピー機の現像液が目に入り
長期入院されたのです。
それからは無理な無事故延長記録の熱は冷めてしまいました。めでたし!!

親会社のS友金属では、腕の骨が折れたくらいでしたら、班長が来て
「とにかく職場に来てくれ、椅子に座っていてくれたらいいから」と
サラッテ行くそうでした。…そんな時代でした。・今ならば、さあどうなりますか?