435 名前:Trader@Live![] 投稿日:2009/12/03(木) 04:54:03 ID:X2FhMFFd
ある街の商店街を分断するように鉄道が走っていた。
そこにはほとんど遮断機の上がらない、いわゆる「開かずの踏切」があった。
おかげで毎日、商店街には踏切で待たされる車や人で混雑し、商店主は困っていたのである。
そこである惣菜屋の主人が一計を案じた。
「駅のホームで電車を待つ間に駅弁を買う人がいる。ならば、ここで電車の通過を待つ人にも
食べ物が売れるはずだ」と。
そこで主人は昔の駅弁の立ち売りの格好に扮し、惣菜を売り始めたのである。
踏切前の惣菜売りは評判となり、いつしかそこは「おかずの踏切」と呼ばれるようになった。


692 名前:Trader@Live![sage] 投稿日:2009/12/13(日) 15:10:28 ID:S9O/+Cop
>>435
誰がうまいもの売れと