197 名前: ツール・ド・名無しさん 投稿日: 2006/08/26(土) 01:04:21
数年前友人と一緒に自転車を組んだ。友人も漏れも同じようなスペック
クロモリのフレームにティアグラ、ALEXのホイール
2人とも速く走るのに憧れて組んだ自転車だった、だが、
漏れはその後パーツ交換にはまり、走るために買った自転車が新パーツを組み込むこと自体が目的になってしまった。

友人はその後しっかり自分の目標に向かってその自転車でコツコツ練習していたらしい、
山が好きなヤツだったので、高い金払って遠くまで輪行して、
各地でタイムアタックみたいなことをしていた。
漏れはそんな彼を心のそこで「オタクだな」と笑っていた。自分がパーツオタであることを気づこうとせずに。

最近数年ぶりにその友人の家に行った。
まだあの時作った自転車を使っていた。
「まだこんなスペックの自転車使ってんのかよw」 漏れはバカにした。
ホイールだけはオープンプロになっていた
友人の自転車を勝手に体重計に乗せ、その重さに満足感を覚えていた。
「おまえの自転車9キロかよwww漏れのは6,8キロ切るぜww」
友人は「すごいなぁ、うらやましいな」と言っていた。

しばらくしてポラールのログデータに目がとまり、開いてみた。
その友人が乗鞍に登った時のログだった。
あまりの速さに息を呑んだ、数年前とは別のようなBR1級の記録だった。
「オマエすごいなぁ・・・」本音がポロっと出た。友人はコツコツ夢に向かってまい進していた。
なんでも、その友人はヒルクラではそれなりに名の知られた市民レーサーで、
大会にもなんどか入賞しているとのことだった。
雑誌にも取材されたことがあるといっていた。

漏れは自転車の部品の事には詳しくなったが、自転車で何かをしてはいなかった・・。

漏れの自転車のスペックはCR1 TEAM ISSUE、レコード、BORA G3
だけど人間としてのスペックは友人の自転車の頃から変わっていない。