58 名前: ◆tfGTpigCow [sage] 投稿日:2007/12/26(水) 21:28:30 ID:XXExY7nc
>>55
食用の「海苔」と呼称される海藻及びその加工食品は、
例えば板海苔ではウシケノリ科アマノリ属に類するものが主なのだが、
「江戸むらさき ごはんですよ!」をはじめとする「海苔の佃煮」の主原料は
ヒビミドロ目のヒトエグサであり、
「これは厳密には『海苔』とは言えないのではないか」と、こじつけることも、まあできなくは無い

とは言え、アオサ科のアオノリ等、一般に「海苔」の指す海藻は多種に及んでおり、
時には食用に限らない海藻全般を指す言葉として用いられてきたこともある。
文化的な言語定着を考えても、「江戸むらさき ごはんですよ!」を海苔ではないと断ずるのは
難しいと思われる。

対して、「糊」の方はと言うと、漢字に米偏が含まれていることや、
また「糊化」と呼ばれる現象があることからも分かるように、元々の言語的には澱粉質から
なるものを指していた。
現在でも、単に「糊」と言うとデンプンのりを指し、「接着剤」と言った場合には無機系や
合成系を指す場合が多い。
これは幼稚園や小学校など低年齢児に、安全性が高く安価なデンプン糊を「のり」として
親しんだ者が多い、と言うことにも起因しているのだろう。
アロンアルファはシアノアクリレート系接着剤で、微小水分との反応によってポリマー化することで
接着されるものであり澱粉質が含まれていない。
また、アロンアルファを分類する場合として連想される表現は「接着剤」という表現の方が
「糊」よりも優先度が高いと思われる。

以上を持って『ごはんですよ』と『アロンアルファ』では、『ごはんですよ』の方が『のり』と言う
表現に近しい、と判断するものである。
ただし、化学・文化・工業的見地からの単純な定量的・定性的比較の出来ない問題であるため、
この結論が絶対的な評価を確定させるものではないと言うことはあらかじめ注意させていただく。


……こんなことやってるからアホ言われるんだ俺