330 :名無しさん[]2006/03/17(金) 01:07:56

さっき地方のラジオDJが話してた話、そのまま投下。

上岡龍太郎が、自分が司会やっている番組で、
織田無道と乱闘になったことがあるらしい。
「病気の原因が、先祖を供養してないからなんてこと、あるか! 
お前がもし死んだ後に、自分の
 子供や孫やそのまた孫あたりが、お前の墓に花を生けへんかったからって、
病気にするんか!」 みたいなことを言ってたらしい。
その場は、デーモン閣下がおさめたらしいけれど、
その後も、番組にならないぐらい怒ってた。
で、自然と、「何でそんなに霊能力者嫌いなの」と聞かれて、
上岡龍太郎は、憮然としてこう答えたそうだ。
「うちの母親が、病気した時に、霊能力者とか占い師が、わんさかやってきた。
それで、うちの母親に  病気になった原因は、
『夫の仕事のせい』とか、『息子の仕事のせい』とか、『先祖の供養のせい』とか、
 色々好き勝手言った。
それで、うちの母親は、自分がガンで死ぬかも分からん時に、
俺らの心配する はめになってしまった。そんなんで金とる商売があってええか?」
みたいなことを言ったらしい。
上岡龍太郎は芸能人だし、お父さんも有名な人だったから、
便乗で名を売ろうとする霊能力者や占い師が、お母さんの病室に、
連日押し寄せて来たそうだ。

DJは、その後、
「この番組の翌日、学校では上岡龍太郎のあの時の真似が流行った」とか、
「この番組みた、僕達世代は、多分、占い師や霊能力者にだまされる人、
間違いなく一人もいません」
とか言ってた。


関連コピペ:上岡龍太郎伝説