728 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 22:40:25 ID:kFwQLnSo
よく眠れる、ということで
波の音を枕もとに流して、床についた。
たしかに寝つきは早かったんだが
夢の中で自分は、絡めた昆布が解けて
大変な沖合いまで流されたラッコになっていた。
怖くて泣きながら目覚めた35歳男。