528 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2011/01/28(金) 21:37:50 ID:I75+4HSn
小学生の頃、新築したばかりの家が嬉しくて
毎日ランドセルを背負ったまま狛犬みたいに塀に座っていた。
通学路で曲がり角のすぐ先の所だったので、
角を曲がった途端塀に狛犬座りしている私と鉢合わせした子達は
皆一瞬固まって、出来るだけ目を合わせないようにそそくさと通りすぎて行った。
その間塀の上で器用に方向転換して彼らを見送る私。(可動式の監視カメラみたいな)

近所のおばちゃんからお菓子を貰った日には
ポストをテーブル代わりに、塀に跨って優雅にティータイムを楽しんでいた。
同じクラスの マンション・アパート住まいの子が通ると、
「あなたたちは一戸建てじゃないから、こういう事できないでしょ!」
という妙な優越感からティータイムに誘ったりしていた。

これが2ヶ月程度続いて、いつものように狛犬監視カメラをしようとしたら
足を滑らせて塀から落下。
頭を3針縫う怪我をしたため、狛犬は我が家の禁止事項になった