500 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:40:18 ID:azhWjTVh
私は学生時代、性欲をもてあましていた時期に
血迷ってセクキャバの面接を受けたことがあります。
デブなので乳はあるし、触られるだけなら我慢できるとタカをくくってました。

待ち合わせたファミレスでイケメンスカウトマンが私を見て
困ったように笑っていました。
その後開店前のお店に連れて行かれ、店長と面接
「どういうお店か分かってる?」
と何度も確認され、何故か自信満々だった私
巨○なので諸手を挙げて喜ばれるとばかり思っていた
「じゃあ今からNo.1の子呼ぶから、
どういう接客するか教えてもらうといいよ」
と言って店長は去っていきました
いよいよ採用か、今から予行演習なんだとドキドキ
現れた子は小柄で色白で巨○、
メイクはギャル系だけど顔は癒し系で超絶可愛い
「喪子ちゃん、はじめまして~」
喪な私にもフレンドリーに接してくれて、
緊張もほぐれた頃に
「じゃあ、どういう接客をするか教えるね~」
といいながらいきなり私の膝の上に跨る。
「基本はこのカッコでね、キスしたりおっぱい出したりするの」
といきなりドレスから巨○をポロリ
え?キス?このデブが跨ったりするの??
と頭はパニックに。
「喪子ちゃん、出来そうかな?」
ただ黙り込むしかない私。
「いきなりは無理かもしんないけど、
でも積極的にサービス出来ないとお客さんつかないの」
「喪子ちゃん?学生さんでしょ?
学生さんも結構お店に来るんだよ
バレちゃうかもしれないけど大丈夫かな」
と優しく諭されるうちに目が覚める

多分、店長がNo.1の子に説得するよう頼んだんだろうけど、
今でもあの居たたまれなさを思うと死にたくなる


502 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 15:19:52 ID:K15Jeaf8
>>500
良い人たちで良かったね…
そして美人のおっぱい見られて羨ましい
ビアンじゃないけど羨ましい


503 名前:500[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 16:13:11 ID:59CV9m5z
残念ながらネタじゃないです…
当時何であんな事をしてしまったのか、
思い出すだけで発狂しそうになります。
ただ、セクキャバ及び風俗ならデブスでもイケる
みたいに聞いていたので勘違いしてしまったのかもしれません
あと余りにもモテなさすぎて自暴自棄になっていたのもあって、
お店で働けば指名されるようになって、
自信がつくかもしれないという淡い期待もありました
でも結果的に採用されなくて良かったと今では思います

No.1の子のおっぱいは綺麗すぎてドギマギしてしまいました
沢山男を相手にしてるはずなのに、
きめ細かい肌にピンクの乳輪に、小さい乳首でした
腰はくびれてて、太ももはムチッとして柔らかかったです
私が男だったら確実にハマってしまいそうでした