497 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2011/02/01(火) 20:42:37 ID:5BJItJy4
あるクリスマス・イブの夜
私がリビングでのんびりしていると、今年で12歳になった娘が駆け寄ってきた。
「ねぇパパ、今年もサンタさん来てくれるよね!」
もちろん来てくれるさ、そう言って微笑みかける。
「けど佳奈ちゃん、早く寝ないとサンタさん来てくれないわよ」
これは妻の言葉。娘は笑顔でうんとうなずくと、彼女に連れられ寝室へ向かった。
私はサンタに感謝していた。こうして二人の笑顔を見れることが、私にとってのクリスマスプレゼントなのだ。

ところで、人はいつまでサンタさんを信じているものなのだろうか。
私自身は小学校に入った段階でなんとなく察していたものだが、平均など知るよしもない。
しかし、中学生の頃には大概の人はサンタの正体を知っているものではないだろうか?
実は私は少し前に、サンタの正体をばらすべきではないか、と家族会議を持ちかけたことがある。
結果としては『あの子の夢を壊したくない』の一点張りで、結局こっちが折れた。
確かに一人娘というものは可愛いものだ。それは私も良く分かる。
だが、最終的にはそれで恥をかくかもしれないのだ。教えてやるのも親心というものではないか。

それから約1時間、先程から隣に座るサンタさんはそわそわしている。
こちらとしてももう頃合いだと思っていたので先に腰を上げる。
「じゃあそろそろ行きましょうか、義父さん」
そして二人のサンタはそれぞれの娘の枕元にプレゼントを置くのだった。