509 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/01(水) 11:24:08.96 ID:qBbLYZFz
もう数年前の出来事なんだけど、ある朝出社しようとマンションの12Fでエレベーターが来るのを待ってた。
すると同じ階に住む当時中学2年生のあや(仮)ちゃんが来て俺の後ろで携帯をかちゃかちゃしてた。
当時特に面識もなく中2で携帯を弄り軽く化粧してるミニスカガチヤンなあやちゃんがキモブサ28な俺なんかに挨拶してくるはずもなく
ただじっとドアの脇に貼ってある犬のリードがドアに挟まれて犬が宙ぶらりんにぶら下がっている警告ポスターに目をやりながら
(こんな状況ねえわwwってか首ちょんぱエグすぎwww)などと考えていると程なくエレベーターが来た。
俺はそのまま奥まで行って振り返る。すると携帯に夢中なあやちゃんはまだ乗って来ない。
(もしかしてキモブサと相乗り嫌がってる?先に行く方がいいのかな?)とか考えドアを閉めようとした瞬間(たぶん携帯に)舌打ちしながら乗ってきた。
ドアが閉まり彼女がドアに向いて振り返ろうとする。しかし何かが引っかかって途中で止る。

「えっ?」

ほぼ同時に声が出た。スカートが挟まれてる・・・・・・?脳裏によぎる首ちょんぱのポスター。彼女の顔色が変わる。
「あかん!!はよ離れて!!」
ドアから離れようにも動けない彼女。ズルズルと宙に浮きスカートに締められて胴体が真っ二つになる絵が浮かぶ。
「はわわわわわわわ・・・・・」
明らかな動揺。咄嗟に彼女のスカートのお腹辺りに手を突っ込み引っ張るも動かない。と、側面にファスナーがあるのが見えた。
そこに手をかける。思いっきり引っ張るとホックが弾けファスナーが開く。ドアに足をかけ尚も引っ張る。ビリビリと破けるスカート。
「はやく!脱いで!胴体千切れる!!」


510 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/01(水) 11:24:55.47 ID:qBbLYZFz
俺の声に増々慌てる彼女。足がもつれ俺の方へよろける。2人して抱き合う様に倒れ込んだ。下半身丸出しの中2女子が相手だ。などと考えてる余裕もなく。
ただただ俺にしがみつき震え倒してる彼女の頭をなぜながら
「大丈夫、大丈夫。」と囁き続けた。
不意にドアが開く。
「あれ、あや?・・・・って、あんたら何やってんの!!!!!」
何の事はない。1Fのボタンを押してなかった。もう何か緊張と緩和?力が抜けて震えた声で笑うしかなかった。
「何笑とんねん!!!この変態っ!!!!!」
あやちゃんの母親らしき女が叫ぶ。でもあやちゃんは俺にしがみついたまま動けないでいる。むろん下半身丸出しのまま。

後日談としてはその後あやちゃんはよく俺の部屋に来る様になった。片親の母親が家に男を引っ張り込むから。
母親にしても男は呼びたい、でも娘に何かされたらと思うと躊躇してた所へあやちゃんが自分から俺の部屋にくる様になったので
まあいいかって感じで。たぶん当時あやちゃんは俺に父性を感じていたと思う。守られたい願望っての?よくわからないけど
「この部屋にいると安心できるから」と良く言ってた。俺にも変な父性が芽生えたのか彼女に普通の中学生らしさを求めちゃんと高校も目指す様に説いた。
やがてスカートの丈も長くなり、髪も黒に戻し明るく行ってきますと言える様になったあやちゃんと高校を卒業したら結婚しようと約束した。
この春やっとその瞬間が来るので記念カキコ。あやちゃんの母親は「ウチらも一緒に式してええか?ww」と笑うけど
あやちゃんが本気で引いているのでハワイかどっかで挙げようねと計画中