629 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/04(土) 23:35:00.32 ID:Jwt1W9370
前世の話で、笑えると言うか、へええええっと思った我が姉の話。

一生独身貴族を貫くと決めていた姉が結婚した。しかもかなりの遠距離恋愛。
親も「嫁いでくれるなら喜んで!」と深くなれ初めを聞いていなかったが、
結婚式でいざそれが発表されたらどよめいていた。
ちなみに相手→甲信越地方在住 姉→北部九州在住

出会い→相手の住む県に姉が旅行に行き、タクシー乗り場でちょこっと話したらしい。
当然お互い名前も知らず、そのまま別れる
二度目→羽田空港・手荷物を預ける時に、姉の次に並んだのが相手だった。
「すごい偶然ですね」と言い合ったものの、そのまま別れる
三度目→四国旅行中の姉。ローカル線で移動中、相手がひょっこり乗ってきた。
出張中だったらしく、そこでようやく自己紹介
四度目→南部九州に出張していた姉、ホテルのロビーでばったり。
その晩は食事を一緒にし、メアド交換をした

こんな「ばったり」を数回くり返しておつきあいをはじめたらしい。
(しかもお互い「ストーカーか?」と訝しんで声をかけなかったこともあるらしいので、
実際はもっと回数をふんでいると思われる)


630 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/04(土) 23:39:30.99 ID:Jwt1W9370
ごめん続き。

みえるひとの叔母によると、姉と相手は前世で夫婦だったそうで、
前世で所縁のあったふたりの守護霊さんたちが必死になって「ばったり」を演出していたらしい。
「名前ぐらい聞けー!」「そこでもっと会話を発展させろお!」とかなり悶々としてたそう。

なんで分かるの、と聞いたら、
結婚式、姉と相手が座っているその後ろで手を取り合って大号泣してたんだって。
「後ろのひとも大変よねえ…」と叔母はしみじみしていた。