105 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/04(月) 12:35:41.75 ID:ydaP5x050
朝鮮征伐といえば豊久が海戦の時に
敵船に飛び移って皆殺し→船乗っ取りをやってたな
すごく海賊っぽい


110 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/04(月) 12:52:17.40 ID:1Ba1vUAhO
>>105
しかも船に傷ひとつ付けずに強奪とかワイルドバンチさん要らなくね?


118 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/04(月) 14:05:35.51 ID:qxfMYXs90
>>105
なにそれこわい


124 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/04(月) 18:43:41.19 ID:ynAFXRa0O
豊久そんな事しとんのかwww
挑戦出兵の時の資料かなんかに載ってんのその話?
読んでみたい


129 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/04(月) 20:01:07.86 ID:ydaP5x050
>>124
慶長2年7月15日、毛利壱岐守率いる日本水軍の一手として漆川梁海戦に参戦
日本水軍と朝鮮水軍が睨み合う中、目付役の大田飛騨守が自船に乗り移ったのを見て
豊久も自身の軍船に乗り込み、錨を上げ、他を出し抜いて漕ぎ出しにかかる

旗頭の毛利壱岐守が「おい勝手になにやってんだ、止まれ!」
と怒鳴るも、後ろを振り向く気配もなくどんどん船を進める豊久
そこで大田飛騨守が櫓の上に立ち、「豊久を討たすな、兵も船も続け!」と下知

戦端が開かれる中、豊久は朝鮮水軍で三番目の大船に漕ぎ着け
「豊久跳んで敵船に移り、敵を斬ること麻の如し」と記録されるほど暴れまくる
敵を殲滅して奪取した船は焼かず、のちに秀吉に献上して感状をもらった

もっと詳しく知りたい場合は「朝鮮記」「本藩人物誌」などなどを参照


135 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/04(月) 20:47:08.99 ID:Qzu+5AUR0
>>129
解説乙
つーか薩摩おかしいマジおかしい…漫画はむしろマイルドになってねーかあれ


156 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/04(月) 22:55:17.98 ID:65q+ZLu10
>>129
ありがとう薩人マシーンハンパない
詳しそうなんで聞きたいけどパパ久君上京日記って本として手に入る?
大きな図書館とかでなきゃ見れない?

デストロイヤーさんで一番驚いたのは自機に敵の機体ひっかけて撃墜っての
よくこんな事しようと思いつくな・・・


161 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/04(月) 23:33:20.19 ID:ydaP5x050
>>156
それのみで1冊の本になってるのは玉里文庫版だけど
古書としてはたぶん入手不可能
同じものが「鹿児島県史料拾遺」に収録されている
ただし文字は手書き、謄写版なので少々読みにくい

あと「鹿児島県史料 薩藩旧記雑録 後編1」にも収録されている
こちらは活字で読みやすいのでおすすめ

ただしいずれも現代語訳はされていない

どれも国会図書館にはあったよ
それ以外の図書館にあるかはわからないや


160 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/04(月) 23:21:17.60 ID:DzWsElNc0
>>129
あれでこれならとうちゃんとかおじさんたちはどれほどのバケモノだよ
初代ヘルシング卿ぐらいのレベル?


164 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/05(火) 00:24:49.30 ID:eNjXZSnQO
>>160
家久(善)も刀の一振りで相手の兜ごと頭を叩き斬ったりするバケモノ
義弘は義弘で、小姓らが火のついた囲炉裏に落とした火箸を素手で拾い、「手を焼かせおって…」と呟いたとかなんとか

島津パネェ


166 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/05(火) 00:33:25.27 ID:sR5/vlsX0
>>164
年取った義弘が中馬どんと庭師が何人かかっても運べなかった庭石その他を2人で全部片付けちゃった話が面白い


169 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/06/05(火) 01:14:57.79 ID:jfl1UEat0
>>164
ドヤ顔でダジャレ言うのにそこまでするとは島津マジ異世界