99 名前:名前は誰も知らない[sage] 投稿日:2012/02/01(水) 23:28:54.07 ID:7xu4O8LJ0
>>98
女の「堪忍袋」は、よく例えとして使われるのが「コップの水」ですね
怒り、憎しみ、イライラ等のマイナスの感情が、コップに水のように
たまっていくそうです
そしてそれは、フチのギリギリに来るまで、ちらりとも感じさせないそうです
(これが、彼女や妻の不満に男が気付けない原因のひとつらしいです)
そしてある日、とうとうフチから水が溢れると、女は限界を迎え、
即座に行動に移し、感情を切り替えます
こういう場合の女の切り替えの早さは特筆すべきものがあり、
よく言われる「男の恋愛は名前を付けて保存、女の恋愛は上書き保存」というやつで、
例えどれだけ愛した男でも、女は瞬時に抹消・上書きしてリセットされます

対策法としては、やはりフチからマイナスの感情が溢れるまでに気付いて、
不満や不安を溜め込んでいたら、早めの対策を取ることです
ちなみにそこで挽回したとしても、水位は下がりません
女は一度された嫌な事は死ぬまで忘れない生き物なので、
不満や不安はずっと覚えています
だからこの場合、ただ水位が止まるだけです
コップに水は、溜まったままですので、ご注意を


100 名前:名前は誰も知らない[sage] 投稿日:2012/02/01(水) 23:35:03.78 ID:7xu4O8LJ0
ちなみに女が何故こんなにも切り替えが早いかと言うと、
女という性の違いかと思われます

女の役割である出産・妊娠は、出来る回数に限りがあり、
しかも命がけで行う大変な仕事です
その為「子孫を残したいオス」に会い、つがいになったとしても
「こりゃ駄目だ」と感じた場合、すぐに離れなければならないわけです
女は弾の無駄打ちが出来ない、生涯1〜2発しか打てない
鉄砲を持ってるようなものですね
だから、ぐずぐずしていたらこの大事な弾を使うハメになるかも
知れないので、さっさと見切りをつけて次のオスを
探さなければならないのです
そのため女は、一度でも「これは子孫を残すに値しない男だ」と
判断したら、即座に冷徹に、そのオスから離脱するのです