1 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:35:47.90 ID:8YOOgapw0
洗脳でもしたの?


2 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:36:31.65 ID:blqNfaoT0
あまりにもドイツ国民のことを想い過ぎたんだよ


4 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:38:43.33 ID:2RvhV05r0
都合のいい情報だけ国民に流してたんでしょ
国民は無知が一番都合がいいんだよ


5 名前:携帯厨(樺太) ◆.XXnKEITAI [] 投稿日:2010/01/29(金) 00:39:14.59 ID:7aCk22GzO
今でも支持者多いよ
ドイツで大っぴらに発言したら殺されかねないけどな

7 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:40:24.30 ID:eYeZ8dsF0
皆が絶望する中で、「一人だけ希望を持って、ドイツを立て直すと叫ぶ男」を演じたから。
他にいなかった。

それぐらい当時のドイツは酷かった。
第一次世界大戦後の賠償金が、ナチスドイツを作った。


9 名前:携帯厨(樺太) ◆.XXnKEITAI [] 投稿日:2010/01/29(金) 00:42:16.96 ID:7aCk22GzO
結局負けたから悪の代名詞みたいになっちゃったけどな
やろうとした事はあながち間違いとも言い切れんかったんよ


10 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:43:06.17 ID:8h8bMyWc0
・仕事がない>俺が雇ってやる>SA及びアウトバーン等公共事業
・若い子にも教育が要るな>ギムナジウム、ヒトラーユーゲント
・貧乏で病気です>社会保険制度
等々、現代の福祉の基礎を作ったのはこのちょび髭


12 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:43:20.84 ID:2vVjhaNVO
演説がうまかったんだよ。
歴史は良く分からんが皆疲れきってた時代なんじゃないかな?


20 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:47:08.13 ID:TWICNQM50
>>12
これか



17 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:46:24.57 ID:OE+0/gp7i
社会心理学の授業で観たビデオで、当時の状況が究極だったからとか言ってた。
抽象的過ぎてわからん


24 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:48:58.65 ID:d5wjveXAO
この人はもともと人類の平等を唱えてたんだけどね。どうしてこうなった


32 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:51:22.18 ID:e0phOCcm0
>>24
平等を求める中で、多くのユダヤ人が至福を肥やしているのを見て我慢できずに行き過ぎちまったんじゃないか?


65 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:08:24.70 ID:YWkNAEEuO
>>24
平和において何が必要で何が不要か
いじめや喧嘩におきかえてみろ
どうしたらなくなるか

答えは簡単だ
反抗することのできない絶対的な圧力
もしくは人々から感情を消し去る

平和に人々を導くには多大な犠牲と抑圧が必要になってくる
それ以外の解決策があるのなら、それは人々が同じ考えでなければいけない
それはつまり、個人の自由と文明の進化、それらを抑えることになる

戦争はそれにたどり着く経過でのジレンマじゃないかと思っている

平和らしいのは個人の世界にする
それなら何も悩むことも争うこともない
ただ自分との戦い

それだけだ


111 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:27:03.28 ID:EVL5bmjP0
>>24
あくまでも一説に過ぎないがキリスト教が関係あるらしい
イエスを虐めたか殺したか裏切ったか、忘れたが
とにかくイエスに対して危害を加えたと聖書にかかれた人物がユダヤ人だったんだってさ

だからナチスドイツ以前にもユダヤはいろんな所で嫌われたりしてる
「嫌い」程度で済んでいたころはマシだったんだが、史上初めて組織的作業的に虐殺しちゃったのがナチスドイツだったってだけ

ユダヤ人に金持ちが多いっていうのも嫌われる一因だったんだろうし他にも理由はあるんだろうけど
そういう背景があったからユダヤ人虐殺を実行したヒトラーは国民から支持されるような指導者になりえた


どこまで本当か知らんが井沢元彦の本の受け売り


127 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:35:34.32 ID:GIV09cgtO
ユダヤ人はイエスのことでヨーロッパから虐げられてきたから昔は汚い職業とされてた金融業に就くしかなくなった
でも資本主義が発達していくにつれユダヤ人は勝ち組になった
ヒトラーは第一次大戦の時前線で戦っててドイツが勝利目前で降伏したのは金で国の頭を操っててるユダヤ人が諸悪の根元と考えたんじゃなかったっけ
実際ドイツは全然勝利目前じゃなかったけど


26 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:49:49.05 ID:7tjaGKVGO
あと500年もすれば賛否両論くらいにはなるよ
ナポレオンだってウィーン体制下では極悪人だったけど
今では革命の輸出者だ


27 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:50:13.03 ID:LUpfYuZoO
政治家としての手腕は凄い
今だって戦争とかしないヒトラーがいたら支持するだろ?


33 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:52:08.59 ID:jRrfqck7O
ユダヤ人差別にかけた金や人的資源を戦争にまわしてりゃなぁ


36 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:53:58.52 ID:5aQzZKi1O
戦時のドイツの技術がなければ現代科学は進歩してないのも事実


34 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:52:56.56 ID:tCXczvHuO
この就職難民多数の日本にヒトラーみたいな政治家が現れればいともたやすく洗脳されそうだな俺ら


43 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:58:16.80 ID:DP0YeGXj0
>>34
それでもその時生きていけるならそれはそれで正解だと思う

47 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:59:55.50 ID:8YOOgapw0
>>34
確かに今の日本は就職難民多数で生活キツイひといっぱいいるから
お前等全員たすけてやんよって言って政治ひっくり返すような凄い人いたらホイホイ付いていくかもしれんな

正直ヒトラーみたいに国救えるような独裁者なら欲しいとすら思い始めている


42 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 00:57:22.46 ID:iAL6Mst/0
ヒトラーって別に悪い人じゃなかったんでしょ?
虐殺って言ったら日本の南京大虐殺だってあるじゃん。


60 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:05:14.17 ID:8YOOgapw0
>>42
日本の南京大虐殺とかスケールが小さいぜ
スターリンはスケールが違う
権力の中枢に上るまでに奴は3000万人くらい虐殺してる


82 名前:VIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 01:15:38.75 ID:iCLMePcH0
>>60
スターリンはヤバイな
大粛清が良く言われるけど大粛清除いてもヒトラーとか比べ物にならんくらい殺してる
スターリン以外にもキチガイいっぱいいたしソ連ヤバすぎ漫画に出てくる悪の帝国みたい


173 名前:VIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 02:50:06.77 ID:tZBUpXKC0
>>42
南京大虐殺なんて中国側の贈呈だと
今頃そんな事も知らんのかw


59 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:04:50.39 ID:XFRfFYKWO
歴史問題を持ち出すしつこい民族には全部ヒトラーが悪いと言っとけば現代ドイツ人には被害が及ばない

当時のドイツは愛国者が多くヒトラーもまたその1人であり、国民の意識はまさに移民、異文化民族排除の傾向にあった
そしてヒトラーが演説した内容はまさにそれに沿った内容であり最初は移民は出国せよとの
警告であったがそう簡単に出ていくような移民では無かったため見せしめも兼ね大量殺害に至った経緯がある


88 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:17:52.70 ID:UwMuWPPh0
でも今から見ても最悪の統帥者って感じでもないよね
アレが良かったんだって感じ


89 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:17:58.89 ID:qCO3JlfU0
ベルサイユ条約のせいで国が超インフレになって経済がぶっ壊れて国中がカオスだったんぞ
不安定ってレベルじゃねーぞ


86 名前:VIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 01:16:11.19 ID:D5JFE5E+O
戦争中とか不安定な状態になると権威主義に走りやすくなるとか聞いたな


92 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:20:14.94 ID:FEcfUMLuO
あれ?始めは貧困に喘ぐドイツを短期間で立て直した良指導者だったろ?
途中からおかしくなってあまりの変わりっぷりにいまだに二重人格説とか影武者説が根強く残ってるじゃん


93 名前:VIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 01:20:15.18 ID:lmAhnJiz0
1940年ぐらいまでは天才的
そこから先の判断は痴呆になったとしか思えない


94 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:20:25.12 ID:j9DS5iLmO
政治家としてドイツ経済を建て直したのは素晴らしい手腕だろうね

最終的には暴走してしまったが、ユダヤ人に対する事や侵略には昔からのヨーロッパ圏の思考が心底にあるから何とも言い難い

過去よりユダヤ人も結構したたかで腹黒くヨーロッパ圏を乱してきたのは事実だからね

現在もだけど


101 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:23:16.44 ID:GIV09cgtO
ヒトラーの失敗
フランス撃破後にベルギーのイギリス軍への追い討ちをしっかりしなかったこと
イギリス本土空爆の方針を空軍基地から市街地に切り替えたこと
北アフリカ戦線の軽視
イギリスとの戦争終結前に対ソ連戦を始めたこと
日本に真珠湾でなくウラジオストク奇襲を要請し対米戦は回避するように言わなかった
イタリアの予想外の弱さ


116 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:30:53.14 ID:qCO3JlfU0
種の純潔を守るみたいのが目標だったからスラブ人とかも殺されまくってたよ
ユダヤは金もってたから裏で経済を操ってるとか戦争に負けたのはユダヤの陰謀だみたいな妄執があったから毛嫌いしてたんだろうけど


138 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:44:42.50 ID:Wdttsk5s0
>>116
第一次世界大戦でドイツ軍の勝利は目前だったが
背後の腰抜けドイツ議会がなぜか停戦して、この腰抜け的風潮を作成したのがユダヤ人である・・・見たいなこと言ってた
あと敵国が「銃後でお前の恋人や両親が泣いているぞ」的な戦意喪失させるようなビラを航空輸送してばらまいたらしく、
これによって兵士の士気が喪失したと考えてドイツ軍の情報戦のつたなさを繰り返し批判してた


119 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:31:25.47 ID:q0wlF/ejO
ユダヤ人迫害は別にヒトラーだけが行った物では無いんだよな
昔からヨーロッパに何か悪い事が起こる度にユダヤ人は虐殺されてきた
だからユダヤ人は自分の国を持たない事の恐怖を非常に良く分かっている



って本に書いてた


131 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:39:07.48 ID:Wdttsk5s0
2年くらい前にわが闘争読んだがなんていうかキツイけど良い人っぽい感じがしたな
正義感が強くてちょっと感覚が飛躍気味な魅力的な変人
ユダヤ人についても、新聞や議員など社会的影響力のあるメディアや高い社会的地位を伴う職種を独占していて、
一般的勤勉なドイツ人は搾取されてるみたいなそういう書き方をしていた
それと、ヒトラーはわが闘争の中で
「ある価値観(ユダヤ人的文化)を排除したいのならば、それ以上に強力な価値観を持ってこれを駆逐するほかない」
って自分で認めてるから、ユダヤ人虐殺はついにヒトラーをもってしてもひとつの文化を消し去るだけのソフト・パワーを
発明することはできなかったってことだよなあ


147 名前:VIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 01:50:13.53 ID:lmAhnJiz0
まあ優秀なユダヤ人は極一部で
大多数は無能な貧乏人だったんだけどな
その極一部に世界的な天才が多かったのは事実


150 名前:VIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 01:52:23.94 ID:MJ+eeyHz0
「……もちろん、国民は戦争を望みませんよ。
運がよくてもせいぜい無傷で帰って来る位しかない戦争に、貧しい農民が命を賭けようなんて思うはずがありません。
一般国民は戦争を望みません。ソ連でも、イギリスでも、アメリカでも、そしてその点ではドイツでも同じ事です。
政策を決めるのはその国の指導者です。そして国民は常に指導者の言いなりになるように仕向けられます。
……反対の声があろうがなかろうが、人々を政治指導者の望むようにするのは簡単です。
国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。
そして国を更なる危険に曝す。このやり方はどんな国でも有効ですよ。」


153 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:54:03.39 ID:gSfZbLNsP
>>150
モルヒネデブのくせに良いこと言うな


135 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 01:43:07.28 ID:uXnnGEBT0
国民は扇動するは簡単だけど、熱から醒めさせるのは簡単じゃない
わりと扇動してた筈の国民に逆に引っ張られて暴走した部分もあったんじゃないかなあ


172 名前:VIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 02:46:21.44 ID:8PuwTCD/O
結局勝てば官軍負ければ賊軍なんだよね