171 名前: ターキッシュバン(東京都)[] 投稿日:2013/06/14(金) 20:57:29.10 ID:0snfRj0h0
ハゲてる俺は一度だけサークルの合コンに誘われた。
イケメングループからメンバーが足りないから頼む!盛り上がったら持ち帰りok!
と言われたので仕方なしにだった。
けれど、だんだんわくわくしてきて、サマージャケットを買いに行ったりモテ術の本を読んだりした。
親に「俺今日合コンだから遅くなるよ!」というと親は「あんまり飲んじゃだめだよ」とうれしそうだった。

当日、予定の場所に行くと誰もいない。イケメンに電話すると「もうみんな店にいるから早く来い」という
遅れて登場も悪くない、と思いながら店に入ると地獄が待っていた。
「うっそ〜!!ほんとに禿げてる!!」
「な?な?俺が言ったとおりだろ?」
「うわ〜キモイwww」
俺は何が起こったのかわからなかったが、どうやら最初からネタにするつもりで呼んだようだった。
そのうちイケメンの一人が俺にヘッドロックをかけ、
「ほらこの頭見ろよ!超新星!!」
とやってきたので俺は手でそれを振り払った。すると今度は
「何本気できれてんだよ」「ハゲって最低」「空気嫁よ」
俺はもう参加する気力も切れる気力もなく店を出た。誰も引き止めなかった。

家に向かって歩いていると雨が降ってきてびしょぬれになった
もう情けなくて情けなくて声もあげず泣いてた。
家に入ると母親に向かって怒鳴った「お前のせいで禿げたんだぞ!!」
母親も泣いた。俺も泣いた。
テレビから、「傘を差しだしてくれる人の優しさが分かる季節ですね」という
女子アナの明るい声が流れてきた。


172 名前: オシキャット(西日本)[sage] 投稿日:2013/06/14(金) 21:00:08.16 ID:VO7VR5+t0
>>171
。・゜・(ノД`)・゜・。