719 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/01/05(月) 08:34:54.51 ID:0vrhpC1K0
最近海外のネットユーザーの間で、話題になっている緊急電話でのやり取りがある。
北米の緊急電話番号「911」にかかってきた電話について、匿名のオペレーターが
明かした内容は、驚くべきものだった。
その電話をかけてきた人物は、「ピザを頼みたい」という良くあるイタズラ電話での内容を
口にしたのだが、このやりとりは意外な結末を迎えることになる。

・オペレーターと電話をかけてきた相手のやり取り
オペレーター 「911です。どちらで緊急事態が発生しましたか?」
相手 「大通りの123番地です」
オペレーター 「OK、そこで何が起きましたか?」
相手 「ピザの配達をお願いしたいのですが」
オペレーター 「奥さん、あなたは911に電話していますよ」
相手 「はい、わかってます。ラージサイズのピザをペパロニ、それとキノコとトウガラシの
ハーフアンドハーフでお願いできますか?」
オペレーター 「う〜ん……、申し訳ありません。あなたは911におかけになったことを承知してますよね?」
相手 「はい、どのくらいかかりますか?」
オペレーター 「OK、奥さん。そちらは大丈夫? 緊急事態なの?」
相手 「はい」
オペレーター 「誰かがそこにいるから、正直な話ができないの?」
相手 「はい、そうです。どれくらいかかりますか?」
オペレーター 「そちらまで約1マイル(1.6キロ)の距離に警官がいます。あなたの家に武器はありますか?」
相手 「いえ」
オペレーター 「このまま会話を維持することはできますか?」
相手 「いえ。それでは、ありがとう」