56 名前:Trader@Live![] 投稿日:2015/05/16(土) 20:52:51.26 ID:kHFvMuvY
円周率=円周の長さ÷半径
円じゃなくて多角形に適応するなら、円周率(仮)=外周の長さ÷重心から頂点までの長さ
(正)三角形、四角形、六角形、十二角形、・・・とどんどん頂点の数を増やすと、円形に近くなる。
すなわち、頂点の数が無限のとき円になる。

たとえば、正三角形の場合、重心-頂点の長さを1とすると、1辺の長さは√3/2なので、
円周率(正三角形)=(3×√3/2)/1=3√3/2≒2.6
正六角形の場合、重心-頂点の長さを1とすると、1辺の長さは1なので、
円周率(正三角形)=(3×1)/1=3になる。

こ正8角形以上について同様の計算をすると、円周率が3.05以上であると証明できる(´・ω・`)


61 名前:Trader@Live![sage] 投稿日:2015/05/16(土) 20:54:38.95 ID:XxtHplO6
>>56 (´・ω・`)その問題はね、
今の小学校で円周率を3と教えていることに対する問題提起だったのだよ


76 名前:Trader@Live![] 投稿日:2015/05/16(土) 20:57:11.62 ID:kHFvMuvY
>>61
別に「円周率は3だよ」と教えてたわけじゃなくて、「円周率を使った計算は大変だから、3として計算していいよ」ってことだったんだけどね。
そもそも、3だろうが3.14だろうが3.141592だろうが、円周率の近似値でしかなくて許容できる誤差の問題。
別に3で考えたって、誤差5%くらいだぜ。消費税のほうが重大なレベル(´・ω・`)


75 名前:Trader@Live![sage] 投稿日:2015/05/16(土) 20:56:56.44 ID:XxtHplO6
ググル
円周率は3とは、2002年度実施の小学校学習指導要領の改訂にともなって、
日本の算数教育の現場で巻き起こった懸念や誤解を象徴するフレーズである。


81 名前:Trader@Live![sage] 投稿日:2015/05/16(土) 20:57:57.14 ID:BYDjbUDt
円周率は3と4の間でだいぶ3に近い方である
ぐらいにしとけばよかった


100 名前:Trader@Live![] 投稿日:2015/05/16(土) 21:01:15.98 ID:LwoUe9QH
円周率は3.14ではなくπとして教えればよいと思う(´・ω・`)


127 名前:Trader@Live![sage] 投稿日:2015/05/16(土) 21:04:28.77 ID:Pa7AOoB+
「10桁で終了」 円周率ついに割り切れる
http://kyoko-np.net/2005020901.html
 無限に続くと思われていた円周率がついに終りを迎えた。
千葉電波大学の研究グループがこれまでの円周率演算プログラムに誤りがあったことを発見。
同大のスーパーコンピュータ「ディープ・ホワイト」を使って改めて計算しなおしたところ、
10桁目で割り切れたという。10桁目の最後の数字は「0」だった。

 千葉電波大学の研究グループの発表によると、円周率計算に際し、
改めて既存の円周率計算プログラムを点検してみたところ、
円周の誤差を修正する数値に誤りがあることに気が付いた。
この数値を正常値に直して計算しなおしてみたところ、円周率は10桁で割り切れたという。

 同大の発表では円周率は「3.151673980」。3.1415・・・と続く、
従来考えられていた数値は全くの誤りで、早急に修正が必要だという。
また、これをうけて円周率暗記記録のギネス認定(5万4千桁)も取り消される見通し。

▽円周率暗記世界記録保持者の西岡さんの話
 死にたい。