393 名前:水先案名無い人[] 投稿日:2015/11/18(水) 07:44:20.71 ID:1LBmivSd0
我々は徳島が何故関西地方に近いという利点を生かしきれずにいるのかという疑問を解決するため、対面通行の徳島道を制限速度で走る軽トラにイライラしながら徳島県に向かった。
「こんなところ日本にまだあったがか…」
思わず口に出てしまった言葉を同行した上司に失礼だと咎められた。

駅の目の前なのにあまりにも暗すぎるポッポ街、表向きは立派なのに裏側はただの林で中身も手動改札のハリボテ
そして、そんな徳島に痺れを切らし高松や神戸、大阪行きの高速バスを待つ人々の群れ。
坂本龍馬だの、ひろめ市場だの、よさこい高知国体だので浮かれていた我々は改めて盟友徳島の現状を噛み締めていた。

二軒屋の一軒家に居たのは老いた母親一人
我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに
「徳島は、、、徳島はなーんも悪くないんじょ!
悪いんはぜーんぶ香川やけん!!これほんまよ!!!」と我々に思いの丈をぶちまけた。

我々はこの時初めて徳島を許そうと思った。
誰が悪い訳ではない、心ない香川県民が全て悪かったのだ。
我々は二軒屋の一軒家に住む母親から貰ったぶどう饅頭を手に、対面通行の徳島道を蛇行運転する愛媛ナンバーにキレながら高知へと帰路についた。