61 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2017/06/04(日) 02:46:57.80 ID:pcycprsc0.net
ツクツクボウシが鳴き出す頃になると、いつも思い出されることがある。

サークルの夏合宿で宿泊した施設でOBの嫁と出会った。いきなり話しかけられた内容が
「ツクツクボウシって人間語で何と言って鳴いているのかな?」
だった。

ぶっとんだ内容に少し面食らったが、真面目に答えてやった。
「あれは求愛活動とされていますから、人間語に翻訳すると『誰かやらせて!!お願い!!』って言っているんではないでしょうか?」

以下、俺と嫁との会話
嫁「えー、ショック。そんなこと言ってたの?」
俺「リズムに合わせると、『やらせてお願〜い♪』という感じでしょうかね。」
嫁「バカっ!夢を壊してくれるよねー。あ、それなら最後の5フレーズほど泣き声が変わるでしょ。その時は何と言ってるのかな?」
俺「あれはですね、『最後にー、お願いやからー、やらせてー、童貞のままー、死にたくないぃぃぃ....』という悲痛な叫びなんですよ。」
嫁「wそうか、だからあんな悲壮な終わり方なのか。」
俺「5年も土の中にいて、最後のチャンスですからね。俺も彼らと同じ立場だから気持ちはよくわかりますよ。」
嫁「同じ『立場』ってw」

嫁大ウケ。調子に乗った俺は畳み掛けた。ツクツクボウシの鳴き声に合わせて「やらせてお願〜い♪」と言い続け、最後は悲痛な表情で「死にたくないぃぃぃ....」とその場で倒れこんだ。


それ以降、俺は彼女専用の突く突く棒子となった。


ツクツクボウシの鳴くころに (文研じゅべにーる)
堤 しゅんぺい
文研出版
売り上げランキング: 96,542