788 名前:774RR[sage] 投稿日:2017/07/22(土) 00:00:12.90 ID:6kObQDrf
■高麗棒子(ぱんず)の悪行
・当時の中国人が描いた漫画 「日本の軍旗を振り回す朝鮮人が中国人を殺す!」
da24789b053cecd3ddec0850f288890f

・中国人 謝永光著 『日本軍は香港で何をしたか』
 (朝鮮人は)一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
 民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
 当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

・仏誌Paris Match元特派員 アルフレッド・スムラー著 『ニッポンは誤解されている』
 別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、
 このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。

・ある医師の述懐 『キヤンガン、山下将軍降伏の地』
 フィリピン人「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。
 赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」

・韓国人 崔基鎬の述懐 「韓国人は日本人以上の日本人だった」(大意)
 当時、戦争ニュースは映画館で放映されており、韓国人は日本軍の活躍に狂喜していた。(拍手と万歳の嵐)
 しかし、日本で映画館に行くと、熱狂する人など殆どおらず、冷静にニュースを見ていた。

・オーストラリア人 ケニス・ハリスン著 『あっぱれ日本兵』
 彼ら(朝鮮人)は(日本人に比べ)大型で、顔は平たく、知性に劣り、日本人が与えた屈辱を我々に転嫁した。
 どんなに試みても、我々は彼らと本当の付きあいは確立できず、体罰となると、日本兵よりも彼らをはるかに恐れた。

・『ミャンマーの人々はビルマの竪琴をどう観たか』
 ミャンマー人「日本人兵より朝鮮人兵の方がきつかった」


791 名前:774RR[] 投稿日:2017/07/22(土) 00:14:17.38 ID:r3a0ByQH [2/5]
>>788
イギリスのBBCが1970年代前半に制作した第二次世界大戦のドキュメンタリー番組で
ビルマ人のインタビューの映像があったんだけど
「日本軍は完璧に統制されていて美しかった」
「だから日本軍が来た時には神の軍が来たと思った」
「我々は解放されたと思った」
「ところが日本軍が去った後に後詰めの朝鮮人の部隊がやってきて
乱暴狼藉を繰り返し、我々は地獄を見た」
現地の人もこう証言してるんだよね
日本を悪者として扱ってる番組なのに



悲韓論
悲韓論
posted with amazlet at 17.07.25
徳間書店 (2014-08-08)
売り上げランキング: 135,333