戦国ネタ

江戸時代にクビという言葉はあったのだろうか

914 名前:水先案名無い人 (ワッチョイ 3de5-tMg0)[sage] 投稿日:2016/09/26(月) 15:10:20.51 ID:n2zwhMQ10
34 名無しステーション sage 2016/09/25(日) 21:59:15.19 HU9tp24Y0
江戸時代にクビという言葉はあったのだろうか

354 名無しステーション sage 2016/09/25(日) 22:05:37.57 yoiPfyDj0
>>34
お前は打ち首だ、から来てるから正しいんだな
現代では命までは取られないけど、その位に厳しいという事の意味で残った言葉なんだな、ひどいな


915 名前:水先案名無い人 (シャチーク 0C05-Xkk8)[sage] 投稿日:2016/09/26(月) 15:31:27.77 ID:JFUVQ5FmC
まあ家臣や部下を打ち首にすることはまず無いんだけどな
普通は切腹
斬首は非常に不名誉なことなので、部下がいくらとんでもないミスや背任をしたとしても
斬首にする様な殿は反乱を起こされる。

実際馘首という言葉は切腹や打ち首というしきたりがほぼ無くなった明治維新後に出来たようだし
逝ってよしみたいに冗談っぽく言ってたのが定着したんだろう。
町人が火付けや殺人をした場合は斬首にされるが、これは刑罰であり処分ではないので町人の間から広まったというのも考えづらい。
ただ幕府や朝廷に反乱を起こした場合は身分にかかわらず斬首。これで吉田松陰がクビを切られた。
まあ吉田の場合は、「まあ吉田だから…」と言う事で幕府の誰も死刑にしようなんて思っていなかったのに
自分から死刑にしろ!死刑にしろ!と大騒ぎしたので、井伊直弼がブチ切れて「じゃあ望みどおりにしてやれ!」と言って処刑されたんだけど。


916 名前:水先案名無い人 (シャチーク 0C05-Xkk8)[sage] 投稿日:2016/09/26(月) 15:34:50.36 ID:JFUVQ5FmC
因みに吉田松陰とは


友人とウキウキで旅行を計画するも、期日までに手形が下りなかったため軽い気持ちで脱藩(当時脱藩は死罪)

長崎に来航していたロシア軍艦見て突発的に乗り込もうとして追い返される

黒船が来航したときに、その場の思いつきでとっさに船を盗んで黒船に乗り込む。密航を企んだがバレて投獄
ペリーはこの話を聞いて、日本人の好奇心恐るべしと感心する

井伊直弼が独断で日米通商修好条約を結んだのに腹を立て、弟子とともに井伊襲撃を行おうとするが
全ての弟子にキチガイ扱いされて激怒、怒りにまかせてその場で長州藩に出向き
「井伊を暗殺するから武器を貸して欲しい」と堂々と頼んで、驚愕した役人に通報されて再度投獄

松下村塾の弟子達は吉田のあまりものイカレっぷりにドン引きして
「先生、少し落ち着いて下さい」と獄中の吉田に書面をしたためるが(あの高杉晋作や女遊びで有名な
 伊藤博文までも)、これを見て逆ギレした吉田は、弟子を全員破門(関係ないやつも含めて)

たまたま別件で話を聞きに来た幕府の役人に、得意げに井伊直弼暗殺計画を喋り
驚愕した役人によってそのまま逮捕、投獄。一連の安政の大獄によってそのまま死罪となる
享年29歳 生涯で5度投獄、前科五犯
尚、当初は島流しが妥当と判断されたが、弟子の件でぶち切れていた吉田は「なんで死罪にしない!」
と発狂して、これが井伊の耳まで届き、じゃあ望み通りしてやれと死罪になったという。


917 名前:水先案名無い人 (ベーイモ MM7e-xdvH)[sage] 投稿日:2016/09/26(月) 16:40:56.10 ID:LFiOKBgrM
>>916
聞いてたのんと全然違うw


959 名前:水先案名無い人 (ワッチョイ d7e2-5q76)[sage] 投稿日:2016/09/28(水) 21:27:09.86 ID:BKS0rwu90
>>916
リングにかけろ!で主人公の先生(美人)が
語っていた松陰像と全然違うぞw


925 名前:水先案名無い人 (ワッチョイW 59ea-xdvH)[sage] 投稿日:2016/09/26(月) 23:20:20.61 ID:8pLRkXpz0
>>916
ねじ曲げて解釈し過ぎだと思ってWikipedia見たら大体合ってた



武田勝頼が可哀想になってくる9の事柄

177 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2016/02/03(水) 22:04:31.47 ID:D5AW53q4.net
勝頼が可哀想になってくる9の事柄

・兄弟で1人だけ諏訪育ち
・一門衆で唯一気遣ってくれたのが武田義信(手紙の宛名が唯一「武田四郎殿」 他は全員「諏訪四郎殿」)
・甲斐守護職、大膳大夫を持たずに家督相続
・風林火山、勝軍地蔵の旗、諏訪大社の旗、八幡大菩薩の旗、御旗、武田菱の使用を禁止される(高白斎記で「梶の葉にてお見送り」の記述)
・三方ヶ原の戦い直後まで信濃先方衆
・一門衆と御親族衆は率先して言うことを聞かない
・一門衆と御親族衆は勝頼の政策を無視する
・信の文字が無い
・諏訪氏から「武田の子」呼ばわり 武田氏から「諏訪の子」呼ばわり


243 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2016/02/03(水) 22:06:02.10 ID:0Kxg0nWN.net
>177
ひどすぎるw


300 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2016/02/03(水) 22:07:08.20 ID:UOdYGuQv.net
>>177
義信イイヤツやんけ! なんで跡つげなかったんや!


333 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2016/02/03(水) 22:07:56.05 ID:r8EtPq06.net
>>177
俺、こんな環境だったら武田と敵対してる勢力に亡命しそう・・・



【ねこ大好き】島津義弘、近衛前久に猫を贈る

952 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/07(木) 20:26:10.43 ID:Igh/VUP+
【ねこ大好き】島津義弘、近衛前久に猫を贈る

慶長年間の事と推定されるが、島津義弘は近衛前久に猫を贈った事があった。
その結果近衛前久から礼状が贈られてきたのであるが、その内容は
「本望の至り、年来待っていたところ、ことさら美しく見事で、一段満足している」
という前置きを置いて「さらに猫を頂きたい。」との要求であった。
その理由は
「その猫は夫人に取られてしまい、自分の手元にはいないから、もう一匹送ってもらえないか。決して他人に譲るのではない。娘も懇望しているけれど、それは無視していい。まず自分の分を一匹ほしい」
ということであった。
(「旧記雑録附録二」二七〇号)


まとめサイトのコメント欄で紹介して頂いた逸話なのですが
シャイな※主様が他の人に投稿頼むと仰ってた&猫好き魂を鷲掴みにされましたので
僭越ながら※主様ご紹介の南日本新聞の「さつま人国誌」(2015年5月4日付)を
出典として要約し投稿させて頂きました。
元記事には他にも犬に関する逸話等が記載されております。


953 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/07(木) 20:29:37.28 ID:B0Sjzqyc
関白のくせに、ペットをねだる調子のいい話?w


954 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/05/07(木) 20:48:37.66 ID:hya75fci
やはり島津家はNNNの支部だったのか


955 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/07(木) 20:54:43.78 ID:xD7IsRlR
>>952
娘の分も暗にねだってるw


956 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/07(木) 20:58:46.83 ID:UFTPDb99
なぜかプリンのコピペ思い出した


957 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/07(木) 22:42:31.46 ID:jkzHWnJt
薩摩はネコの産地だったのか?朝鮮にも連れて行ってたし


958 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 00:29:10.45 ID:xc36Xewg
三斎様も忠利に猫クレクレしてたけど、
この時代の猫って貴重で探して捕まえてたんだっけかな


960 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 06:13:58.72 ID:ARjUb34o
井伊直孝「猫と聞いて」


962 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 07:21:15.93 ID:HjLXgSyq
板倉勝重「ワシが猫を開放した」


963 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 09:35:37.68 ID:MvSWJ74j
最上義光「ぬこ…」
天庵さま「うちの子だって!」


961 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 07:02:21.04 ID:Np3grdNi
猫って鼠が殖えるまでは紐に繋がれて飼われてたよね


965 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 10:01:11.95 ID:MvSWJ74j
日本猫(和猫)は、8世紀頃に大陸から経典を鼠から保護するために日本に伝わったとされるが、長崎の弥生時代の遺跡からも古来の猫の骨が見つかっている。
889年(昌泰2年)宇多天皇の唐の黒猫の飼育日記があったり、花山天皇が皇太后に愛玩動物として猫を贈った話もある。

東南アジアや琉球から貿易を経由して日本に都度都度猫が入り、日本に家猫や野良猫が定着したのは江戸時代頃とも言われる。
日本猫で代表的なものは、「白猫」「黒猫」「サビ猫」「トラネコ」「ブチネコ」「三毛猫」の6種類。


970 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 13:28:01.94 ID:MvSWJ74j
「さみしがりや、自由気まま、気まぐれ、マイペース、束縛を嫌う、
自分勝手、ワガママ、甘えん坊、団体行動は嫌い、気分屋」

猫ブロガー宇多天皇、豊臣秀吉、近衛前久、伊達政宗、最上義光、小田氏治、井伊直孝…


971 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 13:31:42.47 ID:MvSWJ74j
A=B=C、つまりA=Cである

A=伊達政宗
B=猫好き
C=細川忠興

つまりまーくんは三才様だったんだ(違います)


976 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 13:16:37.21 ID:OAt7JLjh
「着甲武人猫散歩逍遥図」
0a793834

『箱書に「全道公 画像一幅」とあるが、画面に賛はなく「全道」なる人物の来歴も不明である。
武装した人物が猫を連れて逍遥するという珍しい画像であるが、
その姿が近世の逸話集である「昌山記談集」の中に見る
「猫田兵庫、大なる耳の張掛けたる兜に黒糸の具足を着て、金の札たる物之具を着し猫を傍らに置けり云々」や、
「江古田兵庫、二つの山の連なりたる兜の耳の如く作りたる」等との記述と一致する事から、
古くから像主を猫好きの領主として知られる江古田兵庫智則とする説がある。
描かれた猫について、一部にこれを江古田の飼い猫であった陀美とする向きがあるが、
陀美の毛色は銀色に黒島模様の銀鯖である事が複数の記録で確認されており、
黒猫である本像は陀美以外の猫であると考えられる。』

・全道なる人物については江古田が晩年になって出家した時の名乗りと解釈する向きもあるが、資料的な裏付けは無い。
・陀美の名称については壇美、陀巳などの表記もあるが、混乱を避けるためにすべて陀美で統一した。
・猫の耳の兜は一説に猫ではなく、江古多の飼育していたミミズクに由来するとの説もある。
・以上は作品に付属するダミー・キャプションであり、すべての事柄は実在しない。

『野口哲哉ノ作品集 「侍達ノ居ル処。」』野口哲哉(青幻舎、2014)より


977 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 13:20:52.13 ID:qwyMLxav
これはまた・・・


978 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 13:43:19.98 ID:WiyUhLbp
>>976
滲み出る変態臭


979 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 14:29:04.64 ID:TZCtA+IU
巨大な空白のせいでさらにシュールになってる


980 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 14:34:41.26 ID:vl8bVCWM
手の所作がもうね
よく出来てんだか適当なんだかわかんねぇな



NHK大河ドラマの主人公になっていない戦国武将で大河ドラマ化してほしい人物ランキング

1 名前:れいおφ ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/11(木) 16:16:19.65 ID:???*
来年のNHK大河ドラマは『真田丸』。戦国武将のなかでも屈指の人気を誇る真田幸村だが、
意外にも大河ドラマの主人公になるのは初。
ファンにとっては「待ちに待った」展開だが、ほかにもこうした“有力候補”は多くいる。

そこで、これまで大河ドラマの主人公になっていない人物のなかで、
「ぜひこの主人公の大河ドラマが観たい!」と思う戦国時代の人物について、
20〜30代の社会人男性200人にアンケート調査してみた(協力/アイ・リサーチ)。

〈大河ドラマ化してほしい戦国時代の人物TOP10〉

1位 明智光秀 206pt
2位 服部半蔵 151pt
3位 前田慶次 150pt
4位 石田三成 104pt
5位 長宗我部元親 69pt
6位 竹中半兵衛 68pt
7位 風魔小太郎 64pt
8位 本多忠勝 59pt
9位 今川義元 58pt
10位 加藤清正 50pt

(詳細は>>2以降)

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150609-00042818-r25


2 名前:れいおφ ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/11(木) 16:16:28.58 ID:???*
(>>1の続き)

1位に輝いたのは「本能寺の変」で有名な明智光秀。
だが、このランキングの特徴は、小説・漫画・ゲームで人気のキャラが多数ランクインしている点だろう。

3位の前田慶次は、『一夢庵風流記』を原作にした『花の慶次 -雲のかなたに-』で一躍人気になった人物。
2位の服部半蔵・7位の風魔小太郎はいずれも忍者キャラとして有名。
6位の竹中半兵衛や8位の本多忠勝も、戦国ファンには天才軍師・猛将としてそれぞれ高い人気を誇っている。
以下、上位勢に寄せられたコメントを紹介しよう。

●1位 明智光秀 206pt
「信長視点からは描かれるが明智視点からはあまり見たことがないから」(32歳)、
「裏切り者としてではなく、一人の男としてスポットをあてれば面白いと思う」(23歳)、
「織田信長を暗殺する側の視点の物語を見たことがない気がするから」(28歳)など、
「信長を殺した裏切り者」として描かれることが多い明智光秀の、違った一面を描いてほしいという声が多い。
ちなみにNHKの大河ドラマではないが、2007年にはフジテレビで『明智光秀〜神に愛されなかった男〜』
(主演は唐沢寿明)というスペシャルドラマが放送されたことがある。

●2位 服部半蔵 151pt
「忍者に関する人だから興味がある」(23歳)、「忍者が主役で!」(25歳)と、
「忍者が主人公の大河ドラマ」を熱望されているのが服部半蔵。
のちの小説、漫画などでは「戦国時代に活躍した忍者」として描かれるが、
実際の服部半蔵(正成)は、徳川家に仕えた戦国武将だったようだ。

●3位 前田慶次 150pt
「漫画などでも一番有名だから」(29歳)、「漫画で好き」(35歳)、
「やはり歌舞伎者で有名な前田慶次、どんな人生を歩んだのか ドラマにしてみてみたいから」(38歳)など、
『北斗の拳』の原哲夫が描いた“傾奇者(かぶきもの)”のイメージが男子の心を捉えている様子。

●4位 石田三成 104pt
4位は関ヶ原の戦いで西軍を率いた石田三成。「関ヶ原の戦いが見たい」(32歳)、
「どのようにして家康に敗れたのか知りたいから」(37歳)、「今まで主役級の扱いがない武将だから」(33歳)など、
徳川家康に最後まで抵抗した戦いぶりが注目されているよう。

●5位 長宗我部元親 69pt
「いままで取り上げられていないが地方覇者には間違いないので」(39歳)、
「あまり、知らないからテレビを通じて勉強したいし、名前からもすごく興味をそそられる」(34歳)などのコメントが集まったのが、
四国を統一した戦国大名・長宗我部元親。
「海賊イメージが強いから、大河ドラマになったらどんな風になるのか気になるから」(26歳)という声もあったが、
これはゲーム『戦国BASARA』シリーズの設定からのイメージのようだ。

1位の明智光秀には、ほかに「色々と不可解な噂が多いから そこをどう描くのか」(39歳)、
「謎が多すぎるから」(36歳)などのコメントが寄せられた。
最近になって「実は徳川家康の命を受けて信長を暗殺した」などの説が主張されているのだ。

謎が多ければ多いほど、人物像や物語をふくらませやすいのも歴史ドラマの特徴のひとつ。
上位にランクインしたのは、いずれもこの条件を満たす人物ばかりといえる。
…ということでNHKの皆さん、数年後の大河ドラマ候補としてぜひご検討を!

(おわり)


10 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/11(木) 21:27:05.25 ID:ck0uMwHZ0
おいおい島津義弘どころか島津のしの字すらないんだが捏造ランキングか?


817 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/12(金) 18:13:23.06 ID:bH6M3Aw70
>>10
NHK「ほら、島津は篤姫で…ねぇ」


30 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/11(木) 16:27:34.25 ID:pMwwVY1J0
NHKの大河好きが集まった放送では5位の長宗我部元親だったな


195 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/11(木) 17:04:40.38 ID:FzFWBEKw0
>>30
その番組で大河ドラマの制作責任者が、「関ヶ原など有名な合戦がないと
視聴者の食い付きが悪いので元親は…」と、難色を示していましたね。



19 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/11(木) 21:30:27.06 ID:hI7bo47r0
年老いて縁側座ってポックリENDは飽き飽きだから
最後派手に散った奴希望


26 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/11(木) 21:32:52.28 ID:ck0uMwHZ0
>>19
大勢と対峙したが最後は力尽きた足利義輝
もしくは茶釜を抱いて爆死した松永久秀ってとこか


450 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/12(金) 02:51:11.66 ID:xohhw2PVO
吉川元春
若干屈折した心を持つが、当代きっての豪傑最強武将
加えて学、教養もある
同じ様な感じの武将では加藤清正も良いな
こっちは理系の天才かつ豪傑肌の人情家勇猛武将
今で言えば京大理学部工学部のトップで強かった頃のアメフト部の主将みたいな存在

こういう現代の日本の若者に勇気と知識欲を与えられる武将を希望

どっちかに偏ってる武将は駄目だ


544 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/12(金) 09:33:51.25 ID:1Jbeqec10
>>450
松重豊「20年前に私がやりましたが何か?」


409 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/12(金) 01:09:15.09 ID:CfRb85q80
上杉謙信が主人公の「天と地と」はもう40数年前に石坂浩二主演で大河ドラマになったが、
当時こちとら小学生のガキで、よく分からなかった。今やあのドラマのビデオは残っていないらしく、
再放送など望むべくもない。今一度、終生独身を貫いた義の武将のドラマを見たいものだ。ぜひ再ドラマ化を。


791 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/12(金) 17:19:42.12 ID:MO+8r6Fo0
>>409
上杉謙信が義の武将なんて作り話だからな騙されるなよw
近年の研究で明らかに成った上杉謙信は
若くしてアル中に成った酒乱で、統合失調症を患いその症状の誇大妄想癖で
「神の声を聞いた」「私は毘沙門天の生まれ変わり」「悪から民を救う使命を受けた」
とか口走ってたキチガイだぞw


800 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/12(金) 17:34:00.07 ID:m/p3zbYH0
>>791
それで戦強かったんだから凄いなあ。別の魅力出るわw


803 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/12(金) 17:38:23.39 ID:CjeoPnfk0
>>800
上杉勢の強さは異常w


807 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/12(金) 17:42:00.04 ID:ZVted1qJO
>>800>>803
金と物量だろ?
武田や北条に撃退されてるし、秀でて強かった訳じゃないぞ?


812 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/12(金) 17:53:33.58 ID:7oOIWbv20
>>807
その金と物量を越後の地でどうやって貯めたのか非常に興味があるな
佐渡金山は江戸幕府になってから発掘と言われてるらしいし


25 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/11(木) 21:32:50.13 ID:S168pOWQ0
今の低迷を脱するために、宇喜多直家でブラック大河にしたら良い。


42 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/11(木) 21:37:34.28 ID:qpliZGQU0
>>25
平和を考えていた善人にするに決まっているだろ。


80 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/11(木) 21:54:47.20 ID:67Wf3D9Q0
>>42
・糧秣を確保するために海賊行為
・他家の有力武将を狩場でだまし討ち
・男色家の他家有力武将を美少年を使って暗殺
・祖父の敵ともども舅を暗殺
・侵攻してきた隣国の大名を暗殺
・当主が暗殺されたことで復讐に燃えてきた三村を小勢で撃破
・娘、妹の嫁ぎ先を娘らともども滅ぼす×4
・祖父の粛清を許可した主君に対し下剋上
・新たに主君に据えた旧主君の身内をことがなったのちに暗殺
晴れて独立

ブラックには描けても流石に善人には書けないだろう


87 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/11(木) 21:57:12.66 ID:ck0uMwHZ0
>>80
2代にすると秀家の流刑先の八丈島に文化をもたらすシーンが長くなりそうだな



95 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/11(木) 22:01:05.72 ID:67Wf3D9Q0
>>87
2代でやるなら
直家1話〜30話
秀家31話〜40話朝鮮征伐〜45話秀吉死去〜48話関ヶ原〜ラスト八丈島流刑くらいじゃないかな


209 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2015/06/11(木) 17:07:39.62 ID:BFg58SDk0
もう石田三成で良い。脚本はジェームス三木。原作は
司馬遼太郎の関ヶ原。これで数字取れないなら役者の
責任な。


526 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/11(木) 18:15:23.18 ID:7nr8t/9a0
>>209
もう大河なんて描ける脚本家居ないんだからそれでいいわ
大関ヶ原展でも石田三成像の前だけやたらわんさか女が群がってたからな
歴女に媚びるならこれ一択だと思うわ

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434025390/



戦国武将の勝率

968 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2015/02/16(月) 10:16:16.79 ID:bAjXSV2r0
1位 豊臣秀吉     ,852 84勝8敗7分 (海外含むと, 741 106勝22敗15分)
2位 毛利元就     ,816 49勝9敗2分
3位 長宗我部元親   .764 39勝8敗4分
4位 島津義弘     .739 34勝6敗6分
5位 武田信玄     .730 46勝4敗13分
6位 織田信長     .719 59勝16敗8分
7位 上杉謙信     .707 41勝5敗12分
8位 脱糞       .701 47勝8敗12分
9位 北条氏康     .690 29勝8敗5分
10位 肥前の熊     .692 23勝4敗4分
12位 松永弾正     .600 18勝5敗7分
13位 宇喜多直家    .667 16勝6敗2分
14位 大友宗麟     .560 14勝9敗2分
15位 伊達政宗     .545 12勝4敗6分
16位 佐竹義重     .536 15勝8敗5分
17位 浅井長政     .533 08勝4敗3分
18位 最上義光     .524 11勝3敗7分
19位 朝倉義景     .522 12勝6敗5分
20位 里見義堯     .517 15勝9敗5分

番外
ナポレオン・ボナパルト 41戦38勝3敗


戦国時代の武将たちの豪快すぎるエピソード

797 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2014/12/28(日) 00:37:23.71 ID:aPMOB0yM.net
戦国時代の武将たちの豪快すぎるエピソード

●俺を慌てさせた茶器は許さぬ!
独眼竜で知られる伊達政宗。あるとき政宗が手に持った高価な茶器を眺めていた際、うっかり手を滑らせてしまいます。
とっさに受け止めたために落とさずに済みましたが、なぜかその直後に政宗は茶器を床にたたきつけて割ってしまいます。
いわく「茶わんを落とすことで慌ててしまった自分が腹立たしい」と。

●大好きな妻に色目を使ったやつは許さぬ!
近畿地方の北部、丹後地方を治めていた細川忠興。彼には細川ガラシャという美しい奥さんがおり、相当に愛していました。
非常に嫉妬深かった。例えば、木から落ちた庭師を「妻に見とれていたのだろう!」と怒り、斬り殺してしまった。

●部下のお祈り事のスケールが小さいのは許さぬ!
安芸国(広島県)を治め、三本の矢のエピソードが有名な毛利元就。幼いころ、家臣と共に宮島に参詣した際、家臣にどんなお願い事をしたか聞きました。家臣は「将来安芸国の立派な殿様になれるようお願いした」と言いましたが、
元就はそれを聞いて「天下の主になると願わないとは何たることか」と激怒。
宮島に引き返させて願い直させました。そんな毛利元就ですが、亡くなる際は「天下を取ろうと無謀な野望は持つな」と言った。

●とにかく反抗する!
加賀藩の祖、前田利家の息子の前田利常は、とにかく反抗心に満ちた男なのか、奇行が多かった。
例えば江戸城内に「小便禁止!破ったら黄金一枚!」という立て札が立てられた際、「お金が惜しくて大名が小便を我慢するか!」と言って立て札におしっこを引っ掛けました。
他にも殿中でご法度とされる頭巾をかぶったり、馬から下りないといけない場所も無視して馬で進むなど、とにかく制約に反対しまくり。

●気に入らないものはぶっつぶす!
織田信長の家臣の一人だった森長可。「鬼武蔵」という異名。例えば「関所事件」。ある関所を通ろうとした際、そこは信長の命令で通行止めにされていた。
それに長可は怒り、門番を殺して通ったといわれています。他にも馬を下りて端を渡るように言った番人に怒ってやりで突き刺したりと、むちゃくちゃな人だった。


もうすぐ正月だな!

102 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/23(金) 13:12:45.30 ID:4OzMeUBM
天正13年、吉川元春が娘(益田元祥室)に送った手紙

「今度の伊予への出陣は、今回が家督初めの役目だからって元長が出てくれることになった
 そんなわけで私はこっちに残るので、もうずいぶん会ってないことだし、
 おまえが訪ねてみようと思い立ってくれればいいなと思っています
 馬とか人手のことは心配しなくていいぞ
 迎えをやらせるから、必要なものを教えてくれ
 ここ(隠居館)には初めて来ることになるんだな
 早く来てくれればどんなにどんなに嬉しいだろう!
 まあちょっと考えて、すぐ返事をください
 待ってます

  5月4日      もと春
  七尾 五もじへ

 重ね重ね、なるべくすぐ返事をするように
 そちら(益田家)の出陣に差し障りが出ないように、いろいろ相談しよう」

婿君も留守になるし、お父さんはお休みだから新しい家に遊びにおいで、ってことらしい
鬼吉川で猛将の元春も、父としては現代のそこらのおっさんと何ら変わりはないようで
嫁いだ娘への溢れんばかりの愛情がひしひしと伝わってくる

でもこのおっさん、この一年と半年後には会いたくても会えないところに逝ってしまうんである
親元離れてる人は、たまには顔見せに帰ってやれよ!
もうすぐ正月だし、帰省する人はめいっぱい親孝行してこいよ!


お知らせとか

ブックマークお願いします♪

RSS購読はこちらから!

◇管理人の独り言(1/1)
あけおめ(´・ω・`)

絵師さんのサイト
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
オススメ
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
スポンサードリンク
リンク
あわせて読みたいブログパーツ
フィードメーター - 2chコピペ保存道場
  • ライブドアブログ